沖縄発のMVNO「レキモバ」、8月1日よりシェアプランを提供開始

沖縄の大手企業「レキオス」が展開する沖縄発の MVNO「レキオスモバイル(レキモバ)」は 2018 年 7 月 30日より、3 月に予告していたシェアプラン「レキモシェアー」を、8 月 1 日より提供開始すると発表しました。

「レキモシェアー」は当初 3 月末提供開始予定と発表されていたので、数ヶ月遅れての提供開始となります。

「レキモシェアー」

「レキモシェアー」は親回線を元に、月額基本料 200 円で親回線のデータ通信をシェアしてもらえる子回線を契約できる「家族シェア 50」と、シェアグループを組んだ回線同士でデータ通信をシェアし合うことができる「誰とでもシェア」の 2 つからなるシェアプランです。

「家族シェア 50」

家族シェア 50

「家族シェア 50」は 2 親等以内の家族をシェアグループとして、親回線が契約しているデータ通信を子回線にシェアできる家族シェアプランです。

子回線は月額 200 円で運用することができるほか、例えば親回線がデータ通信 SIM だとしても子回線は音声通話 SIM の「通話プラス」で契約することができます。

「誰とでもシェア」

誰とでもシェア

「誰とでもシェア」は家族だけでなく、友人同士や職場のグループ内においてシェアグループを組むことで、そのシェアグループ内でデータ通信をシェアし合うことができるシェアプランです。

「誰とでもシェア」のオプション料金は月額 100 円(税抜き)

ただし段階製プランを契約している場合はシェアグループを組むことができません。

Source:レキモバ

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください