Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

Motorola、5Gモッド対応「Moto Z3」発表

Motorola は 2018 年 8 月 2 日、米国において、Moto Z スマートフォンシリーズの最新モデル「Moto Z3」を発表しました。

「Moto Z3」は米国キャリアの Verizon を通して、8 月 16 日より発売されます。

「Moto Z3」

「Moto Z3」はその名の通りフラッグシップ Moto Z シリーズの第 3 世代です。もちろん機能拡張モッドの Moto Mods に対応しています。

ただ、「Moto Z」「Moto Z2 Force Edition」とその次期のハイスペック仕様で投入されてきたのですが、今回の「Moto Z3」はこれまでと比べて控えめな仕様となりました。

まずディスプレイはアスペクト比 18:9 の 6 インチ(2,160 × 1,080)フル HD+ フルディスプレイを採用し、Snapdragon 835 プロセッサ、4GB RAM、64GB 内部ストレージ搭載です。

フルディスプレイ搭載となるため、指紋センサーは「Moto Z3 Play」と同じく右サイドに移動しています。

カメラは ピクセルサイズ 1.25um で F/2.0 レンズ搭載の 1,200 万画素 カラーセンサー + 1,200 万画素モノクロセンサーのデュアルリアカメラ、800 万画素フロントカメラを採用。

バッテリーは 3,000mAh。このほか p2i 撥水の高耐久仕様です。

デザイン的にはこれまでの Moto Z シリーズのデザインのままですが、薄さ 6.75mm と極薄となりました。このほか狭額縁仕様です。

「Moto Z3」の特徴は、Verizon が今後発売する 5G の高速モバイルネットワーク通信をサポートした Moto Mods「Moto 5G」に対応する点で、「Moto 5G」を装着することで超高速モバイルネットワーク通信を利用できるようになります。

また「Moto 5G」には 2,000mAh の外部バッテリーも搭載されています。

ちなみに「Moto 5G」は第 2 世代の Moto Z シリーズもサポートする模様ですが、もちろん Verizon 版に限ります。

「Moto Z3」は “セラミックブラック” の 1 色のみで、Verizon を通して発売されます。グローバル展開は不明です。

主要スペック

OS
Android 8.1 Oreo
サイズ
156.5 × 66.5 × 6.75 mm
重量
156g
ディスプレイ
6.0 インチ(2,160 × 1,080)フル HD+、AMOLED
プロセッサ
Snapdragon 835
RAM
4GB
内部ストレージ
64GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
1,200 万画素(F/2.0、1.25μm)+ 1,200 万画素モノクロ
フロントカメラ
800 万画素
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth
5.0
バッテリー
3,000mAh
その他
USB Type-C、指紋センサー、p2i 撥水
カラー
セラミックブラック

Source:Motorola

関連記事

コメントをお待ちしております

PR 記事

follow us in feedly

Google Help Heroes by Jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

Jetstreamプロデュースブログ

沖縄のユタの血を引き生まれながらに霊感を持つ現役ナース Ray が、生まれ持つ霊感と趣味のタロットとを織り交ぜてお送りする個人ブログ「Light Mind | ナースとタロット」。Ray の世界に引き込まれてしまうこと間違いなし!タロット占いの依頼も受付中。

ページ上部へ戻る