Samsung、スペックと基本機能が進化した「Galaxy Note9」発表

Samsung は 2018 年 8 月 9 日にニューヨークで行われた新製品発表イベント「Galaxy Unpacked」において、Note シリーズの最新モデル「Galaxy Note9」を正式発表しました。

「Galaxy Note9」は 8 月 24 日より一部の地域で発売され、その後世界各国に投入される予定です。

「Galaxy Note9」

「Galaxy Note9」は専用デジタイザ「S-Pen」を収納できるノート型スマートフォンの最新モデルです。

今回のモデルではこの「S-Pen」に Bluetooth 機能が実装され、単なるペン操作だけでなく、物理ボタンによる遠隔カメラシャッターなど、様々な機能を割り当てて利用することができるようになっています。

また今後、この「S-Pen」の物理ボタンに開発した機能を割り当てることができる SDK も一般提供される予定です。

ちなみに筆圧は前作「Galaxy Note8」と同じく 4,096 段階のまま。

筆圧だけでなく、アスペクト比 18:9「インフィニティーディスプレイ」やリアデュアルカメラ、そしてデザインも含め、「Galaxy Note9」は前作「Galaxy Note8」から大きく変化していない点がある意味特徴となっています。

その分主要スペックやカメラ機能など、基本的な部分のブラッシュアップが行われている印象で、Galaxy スマートフォンの中で最上位に位置するモデルでることは間違いない仕様です。

そのリアデュアルカメラは「Galaxy S9 / S9+」で採用された、人間の目の瞳孔のように周りの光度に合わせて絞りが変化する「Dual Aperture」を採用する 1,200 万画素(F/1.5 ~ F/2.4)広角カメラ + 1,200 万画素(F/2.4)望遠カメラのデュアルカメラ仕様。

写真の被写体や風景を 20 種類のカテゴリから識別して最適化する AI 機能「Scene Optimizer」と、写真がブレていたりレンズが汚れている場合などのミスショット時にアラートで知らせてくれる「Flaw Detection」によるサポート付きで、初心者でも最高の写真撮影が可能。

前作から 700mAh も増大された 4,000mAh の大容量バッテリーと最大 512GB の内部ストレージ、そして 1TB まで対応した microSD カードスロットまで搭載します。

プロセッサは Snapdragon 845 or Exynos 9810 で、RAM はなんと 8GB LPDDR4 搭載です。

サイズや重量は前作とさほど変化はなく、OS は初期で Android 8.1 Oreo 搭載。シングル SIM モデルとデュアル SIM モデルが用意されます。

カラーバリエーションは “ミッドナイトブラック” “ラベンダーパープル” “メタリックブロンズ”、そしてイエローの S ペンが搭載される “オーシャンブルー” の合わせて 4 色展開です。

ミッドナイトブラック
ラベンダーパープル
メタリックブロンズ
オーシャンブルー

ちなみに前作「Galaxy Note8」は 9 月中旬発売だったので、「Galaxy Note9」では半月以上前倒しとなりました。

主要スペック

OS
Android 8.1 Oreo
サイズ
161.9 × 76.4 × 8.8 mm
重量
201g
ディスプレイ
6.4 インチ(2,960 × 1,440)WQHD+、Super AMOLED
プロセッサ
Snapdragon 845 / Exynos 9810
RAM
8GB
内部ストレージ
128 / 512 GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
1,200 万画素 広角(F/1.5 ~ F/2.4)+ 1,200 万画素 望遠(F/2.4)
フロントカメラ
800 万画素、F/1.7
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth
5.0
バッテリー
4,000mAh
その他
USB Type-C、シングル / デュアル SIM(microSD 排他仕様)、指紋センサー、虹彩認証、Bluetooth S-Pen、NFC
カラー
ミッドナイトブラック、ラベンダーパープル、メタリックブロンズ、オーシャンブルー(イエロー S-Pen)

Source:Samsung

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください