「Gmail」アプリでも情報保護モードが利用可能に

先日 WEB 版の新「Gmail」にて提供が開始されたセキュリティ特化のメール送信機能「情報保護モード」が、Android と iOS アプリでも利用可能となりました。

特にアプリのアップデートを行うことなく、メニューから “情報保護モード” を選択するだけで利用することができるようになります。

「情報保護モード」はメールの転送、コピー、印刷、添付ファイルのコピーやダウンロードなどをできなくしたり、回覧期限や回覧するためのパスコードを設定することができるセキュリティメール送信機能です。

送信相手が「Gmail」でなくても利用できる点も特徴で、メールを WEB ページ化することで、回覧期限やパスコードによる回覧権限を付与することが可能。

「情報保護モード」はアプリ版も WEB 版とまったく同じです。期限やパスコード(SMS)の設定を行うことができます。

アプリリンク

Android
Gmail
Price: Free
iOS

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください