Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

国内版「OPPO R15 Pro/Neo」の予約が開始、9月より順次発売

中国メーカーの OPPO の国内法人 OPPO Japan は 2018 年 8 月 22 日、同月 14 日に発表した国内投入第 2 弾スマートフォン「R15 Pro」と「OPPO R15 Neo」の予約を開始しました。

「R15 Pro」と「R15 Neo」は国内の Amazon.co.jp にて予約が行われています。

価格は「R15 Pro」が 75,470 円で、「R15 Neo」は 3GB RAM モデルと 4GB RAM モデルがあり、3GB RAM モデルが 27,950 円、4GB RAM モデルが 32,270 円です。

発売予定日は「R15 Pro」が 9 月 30 日、「R15 Neo」は 3GB RAM モデルが 9 月 7 日、「R15 Neo」は 4GB RAM モデルが 8 月 31 日です。

「R15 Pro」
税込み 75,470 円、9 月 30 日発売
「R15 Neo」3GB RAM モデル
税込み 27,950 円、9 月 7 日発売
「R15 Neo」3GB RAM モデル
税込み 32,270 円、8 月 31 日発売

「OPPO R15 Pro」

「R15 Pro」は 6.28 インチ(2,280 × 1,080)のフル HD+ ディスプレイを搭載する大型のハイスペックモデルです。

プロセッサは Snapdragon 660 となるものの、RAM は 6GB、内部ストレージは 128GB を実装します。

またリアカメラは F/1.7 の 2,000 万画素 × 1,600 万画素デュアルカメラ搭載で、カメラで撮影した被写体や風景などを 120 以上のシーンから割り当てて最適化したり、人物撮影時に肌感をキレイにする AI センス機能も搭載。

ベゼルレスディスプレイ画面占有率 89% を誇ります。このほか IPx7 規格の防水対応です。OS は Android 8.1 ベースの独自 ColorOS 5.0 を採用します。

そして国内に投入される「R15 Pro」で驚くべきは、Felica 搭載による「おサイフケータイ」「Google Pay」をサポートする点。

第 1 弾「R11s」では国内 3 大キャリアの VoLTE をサポートするなど、第 1 弾にしてそのローカライズ仕様に驚かされましたが、第 2 弾の「R15 Pro」ではなんと「おサイフケータイ」をサポートします。

また microSD カードスロット排他仕様のデュアル SIM(nano)対応で、「Dual SIM, Dual VoLTE(DSDV)」対応で国内 3 大キャリアの VoLTE を両方の SIM で運用することが可能です。

「R15 Pro」のカラーバリエーションは “ルビーレッド” と “コズミックパープル” の 2 色。

ルビーレッド

コズミックパープル

主要スペック

OS
ColorOS 5.1(Android 8.1 ベース)
サイズ
156.5× 75.2 × 8.0 mm
重量
180g
ディスプレイ
6.28 インチ(2,280 × 1,080)フル HD+、IPS
プロセッサ
Snapdragon 660
RAM
6GB
内部ストレージ
128GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
2,000 万画素 × 1,600 万画素、F/1.7
フロントカメラ
2,000 万画素、F/1.7
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth
5.0
バッテリー
3,430mAh、VOOC(急速充電)
その他
デュアル SIM、指紋センサー、Felica、DSDV 対応、IPx7 防水
カラー
コズミックパープル、ルビーレッド
モバイルネットワーク
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G:WCDMA B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 11 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 25 / 26 / 28
    • TD-LTE B38 / 39 / 40 / 41

「OPPO R15 Neo」

「R15 Neo」はいわゆる廉価モデルです。

Felica は搭載せず防水や急速充電の VOOC も非対応。ただしその分価格はリーズナブルです。

ディスプレイは 6.2 インチ(1,520 × 720)の HD+ ノッチディスプレイを搭載します。このほか Snapdragon 450 プロセッサ、3 / 4 GB RAM、128GB 内部ストレージを搭載。

日本国内では 3GB RAM モデルと 4GB RAM モデル共に展開されます。

カメラはリアが 1,300 万画素 + 200 万画素のデュアルカメラ、フロントが 800 万画素です。

「R15 Neo」の特徴としては、4,230mAh と「R15 Pro」よりも大きな大容量バッテリーを搭載する点。VOOC 非対応とはなりますが、ロングライフバッテリーは期待できます。

このほか「R15 Neo」は「R15 Pro」とは異なり、デュアル SIM + microSD カードスロットの計 3 スロット搭載で、更にこちらも「Dual SIM, Dual VoLTE(DSDV)」に対応します。

廉価モデルでありながら機能面は超充実。スーパーミッドレンジスマートフォンです。

「R15 Neo」のカラーバリエーションは “ダイヤモンドブルー” と “ダイヤモンドピンク” の 2 色です。つまり「R15 Neo」は 2 モデル 2 カラーの全 4 モデル展開です。

ダイヤモンドブルー

ダイヤモンドピンク

主要スペック

OS
ColorOS 5.0(Android 8.1 ベース)
サイズ
156.2 × 75.6 × 8.2 mm
重量
168g
ディスプレイ
6.2 インチ(1,520 × 720)HD+、TFT LCD
プロセッサ
Snapdragon 450
RAM
3 / 4 GB
内部ストレージ
128GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
1,300 万画素 × 200 万画素
フロントカメラ
800 万画素
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth
4.2
バッテリー
4,230mAh
その他
デュアル SIM + microSD カードスロット、指紋センサー、DSDV サポート
カラー
ダイヤモンドブルー、ダイヤモンドピンク
モバイルネットワーク
    • 2G:GSM クアッドバンド
    • 3G:WCDMA B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
    • 4G
      • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 11 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 25 / 26 / 28
      • TD-LTE B38 / 39 / 40 / 41

Amazon 商品ページリンク

「R15 Pro」“ルビーレッド”
OPPO R15 Pro 【国内正規品】6.28インチ/SIMフリースマートフォン/レッド(6GB/128GB/3,430mAh/Felica/IPX7搭載) 875239
「R15 Pro」“コズミックパープル”
OPPO R15 Pro 【国内正規品】6.28インチ/SIMフリースマートフォン/パープル(6GB/128GB/3,430mAh/Felica/IPX7搭載) 875215
「R15 Neo」3GB RAM モデル “ダイヤモンドブルー”
OPPO R15 Neo【国内正規品】6.2インチ/SIMフリースマートフォン/ダイヤモンド ブルー(3GB/64GB/4,230mAh) 873310
「R15 Neo」3GB RAM モデル “ダイヤモンドピンク”
OPPO R15 Neo【国内正規品】6.2インチ/SIMフリースマートフォン/ダイヤモンド ピンク(3GB/64GB/4,230mAh) 873334
「R15 Neo」4B RAM モデル “ダイヤモンドブルー”
OPPO R15 Neo【国内正規品】6.2インチ/SIMフリースマートフォン/ダイヤモンド ブルー(4GB/64GB/4,230mAh) 873419
「R15 Neo」4GB RAM モデル “ダイヤモンドピンク”
OPPO R15 Neo【国内正規品】6.2インチ/SIMフリースマートフォン/ダイヤモンド ピンク(4GB/64GB/4,230mAh) 873433

関連記事

コメントをお待ちしております

follow us in feedly
Follow Jetstream BLOG on WordPress.com

Google Help Heroes by Jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

ページ上部へ戻る