「Google アシスタント」が複数言語での利用をサポート、設定方法も紹介

Google は 2018 年 8 月 31 日、同社の AI スマートアシスタントシステム「Google アシスタント」における複数言語のサポートを発表しました。

「Google アシスタント」の複数言語設定は、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、そして日本語にて既に利用可能です。

「Google アシスタント」複数言語設定

「Google アシスタント」はこれまで一度に 1 つの言語での設定にしか対応しておらず、言語を変更する場合は設定からいちいち言語設定を変更する必要がありました。

しかし本日より、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語の 6 言語から 2 つの言語を設定し、2 つの言語にて「Google アシスタント」を利用することが可能となりました。

日本においては主要言語が日本語なのであまり重宝する機能ではないかもしれませんが、帰国子女や海外からの移住者にとっては重宝する機能かと思われます。

設定方法

実際に「Google アシスタント」に 2 つの言語を設定する方法は、「Google」アプリなどから設定を開き、「Google アシスタント」の “設定” → “カスタマイズ設定” → “アシスタントの言語” へと進み、“言語を追加” から任意の言語を追加します。

Google アシスタントの “設定”
“カスタマイズ設定”
“アシスタントの言語”

これで設定完了です。

日本語を使いつつも英語を勉強したいユーザーなどにも良い新機能かもしれないですね。

Source:Google

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください