iOS版「Google カレンダー」がやっと予定の複製とコピーをサポート、Androidから半年遅れ

iOS 版の「Google カレンダー」アプリが 2018 年 9 月 4 日に v2.58.0 にアップデートされ、Android 版では 2 月にサポートを開始していた新機能、作成された予定の複製とコピーをやっとサポートしました。

「Google カレンダー」の予定の複製とコピーは、まずブラウザ版「Google カレンダー」で利用できていた機能で、その後 Android 版でも利用できるようになっていました。

しかし iOS 版は半年遅れでのようやくのサポート開始となったわけです。

予定の複製とコピー

「Google カレンダー」の予定の複製とコピーは、既存の予定を文字通り複製して新たな予定として作成したり、他のカレンダーにコピーできる機能です。

つまり既存の予定を元に、簡単に新たな予定を作成することができます。

実際に予定を複製したりコピーする方法は、カレンダーの予定をタッチして全画面表示にし、右上のメニューアイコンをタッチして、“複製” または “コピー先…” をタッチして進めるだけです。

何気にこの予定の複製とコピー機能、日々「Google カレンダー」をマルチデバイスで利用している私としては、当時かなり待望の機能でした。

iPhone や iPad ユーザーでもこの機能をいち早く利用したいと思っていた方も多いかと思うのですが、なぜ iOS 版へのリリースがここまで遅れたのでしょうか。

ともかく、iPhone、iPad ユーザーで「Google カレンダー」を日々利用している方は是非活用してみてください。

アプリリンク

iOS

スポンサーリンク

関連記事

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください