OnePlus、セカンドフラッグシップ「OnePlus 6T」のティザーを開始

中国のスマートフォンメーカーの OnePlus は 2018 年 9 月 29 日、2018 年前半のフラッグシップスマートフォン「OnePlus 6」の後継にして 2018 年セカンドフラッグシップスマートフォン「OnePlus 6T」のティザーを開始しました。

公開されたティザー動画はたった 5 秒と短く、「OnePlus 6T」のヒントらしきものも伺えない内容となっています。

というか、今年も “T” が発表されるんですね。

ちなみに昨年の「OnePlus 5」に対する「OnePlus 5T」はディスプレイ、リアカメラ、OS が進化した内容となっていました。

今年の「OnePlus 6」に対する「OnePlus 6T」はどのような進化を遂げるのかはまだわかりませんが、切り欠き仕様のノッチディスプレイを採用する「OnePlus 6」に対して、「OPPO Find X」のようなノッチなしディスプレイを採用する、などになるのではないでしょうか。

「OnePlus 6T」の発表予定日は今のところまだ発表されていませんが、実は 10 月 8 日まで発表前のクローズドレビュー企画も行われるので、恐らく 10 月上旬辺りの発表となると予想されます。

Source:OnePlus

スポンサーリンク

関連記事

「OnePlus、セカンドフラッグシップ「OnePlus 6T」のティザーを開始」への2件のフィードバック

  1. > iPhone XS のようなノッチなしディスプレイを採用する
    ? ノッチあるぞ

  2. あ、あるんですね。ないんだと思ってました。

    教えていただきありがとうございますm(_ _)m

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください