機能進化した新型Wear OS「Misfit Vapor 2」正式発表

ウェアラブルメーカー Misfit は 2018 年 10 月 23 日、同社製 Wear OS ウォッチの初代モデル「Misfit Vapor」の後継機種となる「Misfit Vapor 2」を正式発表しました。

「Misfit Vapor 2」は先日米国大手家電量販店 Best Buy がフライング発売していましたが、やはり日を置かずに正式発表されましたね。

「Misfit Vapor 2」

「Misfit Vapor 2」は初代から大きくデザインは変わっていませんが、機能面で大きく進化した次世代 Wear OS ウォッチです。

進化した点は主に、ダイヤル操作をサポートした電源ボタンを新搭載し、再設計された心拍センサーに NFC(Google Pay 用)とスタンドアロン GPS を実装した点。もちろん防水対応です。

また前作は 44mm ケース(1.2 インチ)の 1 サイズのみのラインアップとなっていましたが、次世代モデルでは 41mm ケース(1.2 インチ)と 46mm ケース(1.4 インチ)の 2 サイズ展開となりました。

このほか主要スペックは AMOLED ラウンドディスプレイ、Snapdragon Wear 2100 プロセッサ、512MB RAM、4GB 内部ストレージを搭載。残念ながら Snapdragon Wear 3100 ではありません。

つまり「Misfit Vapor 2」、機能面は強化されているものの、主要スペックはほぼ変化なしです。

「Misfit Vapor 2」の本体価格は $249.99 で、米国の Misfit 公式サイトなどで販売されます。

初代が日本国内でも発売されたことを考慮すると、近日中に国内投入が発表されると予想されます。

46mm “Jet Black Stainless Steel with Black Silicone(MIS7200)”
46mm “Stainless Steel with Indigo Silicone Leather(MIS7201)”
41mm “Stainless Steel – Black(MIS7100)”
41mm “Rose Tone Stainless Steel with Rose Beige Silicone(MIS7104)”

Source:Misfit

スポンサーリンク

関連記事

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください