「Googleカメラ」がUI刷新&RAW撮影追加などPixel 3向けに大幅アップデート

Google スマートフォン Pixel 用のデフォルトカメラアプリ「Google カメラ」が 2018 年 10 月 24 日に v6.1.013 にアップデートされ、UI 刷新や新機能追加など大幅な変更が行われました。

恐らく「Pixel 3」「Pixel 3 XL」の国内発売に向けた大幅アップデートです。

まず UI の刷新では、アップデートされたマテリアルデザインの適用が行われています。フォントなども変更されているので、見た目が一変しました。

更に注目点は、カメラセンサーデータをすべて保持する撮影機能、“RAW 撮影” の追加です。

“RAW 撮影” を ON にすると、Pixel のカメラで撮影した写真が JPG ファイルと RAW(DNG)ファイルの 2 つに分かれて保存されます。つなり同じ被写体を映した写真が同時に 2 つ保存されるということです。

“RAW 撮影” で撮影した写真は、端末内に新設される “RAW” フォルダに保存されます。「Google フォト」でこの “RAW” フォルダのバックアップを ON にすることで、「Google フォト」内で “RAW” ファイルを管理することが可能となります。

“RAW” フォルダを「Google フォト」にバックアップした場合、“RAW” 写真には “RAW” マークが付きまず。

ちなみに「Google フォト」に保存された “RAW” 写真は、同じアカウントでログインしている他のスマートフォンやタブレットにももちろん共有されます。

“RAW 撮影” を ON にするには、カメラの撮影タブを “その他” に切り替えて、“設定” → “詳細設定” へと進み、“RAW + JPG の管理” そスイッチを ON にするだけです。

このほか「Google カメラ」v6.1.013 では “360° パノラマ” 撮影モードなども追加されています。

アプリリンク

Android
Google Camera
Google Camera
Developer: Google LLC
Price: Free

スポンサーリンク

関連記事

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください