Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

遂に「BlackBerry KEY2 LE」Atomicが発売へ

遂に「BlackBerry KEY2 LE」の大注目カラー “Atomic” が発売される模様です。

香港の一部の小売店などが、「KEY2 LE」の予約を開始しました。その中には、欧州ではすでに発売されているブラック系の “Slate” とゴールド系の “Champagne” のほか、レッド系の “Atomic” もラインアップされています。

「KEY2 LE」の購入を検討しているユーザーは、圧倒的に “Atomic” 狙いなはず。そんな “Atomic” がようやく香港で発売されるということで、日本にも輸入しやすくなると予想されます。

ちなみに香港での「KEY2 LE」は 2018 年 11 年 15 日発売予定です。

「BlackBerry KEY2 LE」

「BlackBerry KEY2 LE」は「BlackBerry KEY2」の廉価モデルとなるエントリースマートフォンです。

基本的なデザインは「BlackBerry KEY2」と同じとなるものの、プロセッサを Snapdragon 660 から Snapdragon 636 に、RAM を 6GB から 4GB に、それぞれスペックダウンしています。内部ストレージは 32GB と 64GB の 2 モデルが用意。

ディスプレイは「BlackBerry KEY2」と同じく 4.5 インチ(1,620 × 1,080)のフル HD ディスプレイ採用ですが、全体的なサイズは「BlackBerry KEY2」とは若干異なっている点も「BlackBerry KEY2 LE」の特徴。

ただしその差は最大 1mm 程度となるため、恐らく「BlackBerry KEY2」用のケースを「BlackBerry KEY2 LE」に流用可能と予想されます。

「BlackBerry KEY2 LE」も背面デュアルカメラ搭載です。しかし「BlackBerry KEY2」の 1,200 万画素 × 2 とは仕様が異なり、1,300 万画素 + 500 万画素の組み合わせとなります。

フロントカメラは「BlackBerry KEY2」と同じく 800 万画素です。

バッテリーは 3,000mAh で、「BlackBerry KEY2」の 3,500mAh よりも 500mAh 縮小されました。

機能面は「BlackBerry KEY2」と同じく、様々なアプリのショートカット機能を呼び出すためのトリガーボタン「Speed Key」も実装され、最大 52 個のショートカットを割り当てることが可能。

ちなみにキーボードは「BlackBerry KEY2」とは異なり、「BlackBerry KEYone」のキーボードから 10% ボタンが拡大した再設計仕様のキーボード搭載です。スペースキーには指紋センサーも内蔵されています。

このほかデザインはほぼ同じとなるものの、ボディは「BlackBerry KEY2」とは異なりポリカーボネートフレーム + ソフトテクスチャー仕様のバックパネル採用です。恐らく「BlackBerry KEY2」よりもチープ感が出ると予想されます。

「BlackBerry KEY2 LE」のカラーバリエーションはネイビー系の “Slate”、ゴールド系の “Champagne”、レッド系の “Atomic” の 3 色で展開される点も特徴です。

気になる価格は 32GB モデルが $399、64GB モデルが $449 で、「BlackBerry KEY2」に比べて半額近い価格となりました。

主要スペック

OS
Android 8.1 Oreo
サイズ
150.25 × 71.8 × 8.5 mm
重量
156g
ディスプレイ
4.5 インチ(1,680× 1,080)フル HD、IPS
プロセッサ
Snapdragon 636 Octa-core 1.8GHz
RAM
4GB
内部ストレージ
32 / 64 GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
1,300 万画素(F/2.2、1.12um、79.8°)+ 500 万画素(F/2.4、1.12um、84°)
フロントカメラ
800 万画素
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth
5.0
バッテリー
3,000mAh
その他
USB Type-C、デュアル SIM モデル有、指紋センサー
カラー
Slate、Champagne、Atomic

モバイルネットワーク

「BlackBerry KEY2 LE」は、シングル SIM モデルの型番「BBE100-1」「BBE100-2」と、デュアル SIM モデルの型番「BBE100-4」「BBE100-5」の計 4 モデルがラインアップされています。

型番「BBE100-1」と「BBE100-4」は欧州とアジア太平洋地域向け、型番「BBE100-2」と「BBE100-5」は北米向けに展開される予定です。

型番「BBE100-1」/「BBE100-4」
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G:WCDMA B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 19 / 20 / 26 / 28 / 32
    • TD-LTE B38 / 340 / 41
型番「BBE100-2」/「BBE100-5」
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G:WCDMA B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 20 / 28 / 29 / 66
    • TD-LTE B38 / 39 / 40 / 41

Source:1010

関連記事

follow us in feedly
Follow Jetstream BLOG on WordPress.com

Google Help Heroes by Jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

ページ上部へ戻る