Wear OS「Misfit Vapor 2」11月29日より国内発売

Misfit は 2018 年 11 月 26 日、米国では 10 月よりすでに発売している新型 Wear OS ウォッチ「Misfit Vapor 2」を、11 月 29 日より国内発売すると発表しました。

米国よりも約一カ月遅れでの発売です。

「Misfit Vapor 2」

「Misfit Vapor 2」は初代から大きくデザインは変わっていませんが、機能面で大きく進化した次世代 Wear OS ウォッチです。

進化した点は主に、ダイヤル操作をサポートした電源ボタンを新搭載し、再設計された心拍センサーに NFC(Google Pay 用)とスタンドアロン GPS を実装した点。もちろん防水対応です。

※NFC を利用した「Google Pay」は現在日本未対応です

また前作は 44mm ケース(1.2 インチ)の 1 サイズのみのラインアップとなっていましたが、次世代モデルの「Misfit Vapor 2」では 41mm ケース(1.2 インチ)と 46mm ケース(1.4 インチ)の 2 サイズ展開となりました。

このほか主要スペックは AMOLED ラウンドディスプレイ、Snapdragon Wear 2100 プロセッサ、512MB RAM、4GB 内部ストレージを搭載。残念ながら Snapdragon Wear 3100 ではありません。

つまり主要スペックは前作とあまり変わりませんが、機能面が強化されているのが「Misfit Vapor 2」。

国内展開は大きく分けて、46mm ケースの “ジェットブラック IP ステンレススティールケース” と、41mm ケースの “ローズゴールド IP ステンレススティールケース” の 2 モデルで、シリコンストラップとステンレススティールブレスレットの 2 種類が用意されます。ラインアップ数は計 5 モデルです。

価格はシリコンストラップモデルが 29,500 円(税抜き)、ステンレススティールブレスレットが 30,500 円(税抜き)です。

46mm “ジェットブラック IP ステンレススティールケース & ブラックシリコンストラップ(MIS7200)”
41mm “ローズゴールド IP ステンレススティールケース & ローズベージュシリコンストラップ(MIS7104)”

Source:Misfit

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください