「Google 翻訳」がジェンダーレス仕様に

Google は 2018 年 12 月 6 日、「Google 翻訳」の性差別を考慮したジェンダーレス仕様提供を発表しました。

「Google 翻訳」のジェンダーレス仕様は、男性的な表現として用いられる傾向にある “強い” や “医者”、女性的な表現として用いられる傾向にある “美しい” や “看護婦” などがあった場合、翻訳時にジェンダーレスが考慮された翻訳内容となったり、両方の性別を考慮した結果が表示されるようになります。

以下の画像では、トルコ語で “彼は医者です” を意味する “o bir doktor” を英語に翻訳した場合に、“彼女は医者” と “彼は医者です” の両方が表示されています。今後「Google 翻訳」はこういった仕様となる模様です。


「Google 翻訳」のジェンダーレス仕様は WEB 版「Google 翻訳」から提供が開始され、今後 Android と iOS 版アプリでも同仕様が適用されます。

Source:Google

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください