iOS版「DJI GO」アプリがストレージ専有し過ぎ問題を解消

DJI がスマートフォンジンバル「OSMO MOBILE 2」などの同社製品コントロール用として提供している iOS 版アプリ「DJI GO」が 2019 年 1 月 4 日に v3.1.50 へとアップデートされ、ストレージ容量を必要以上に専有し過ぎてしまう問題を解消しました。

このほかに機能の最適化も行われています。

ストレージ容量の専有問題ですが、アップデートによってどの程度の効果が出るのかは公開されていません。当ブログでも一応アップデート前と後の「DJI GO」アプリのストレージ使用量を見てみましたが、特に変化はありませんでした。

アップデート前
アップデート後

もしかしたら写真や動画を撮影した場合のストレージ使用量が減るのかもしれないですね。とりあえずアップデート推奨ということで。

アプリリンク

iOS
DJI GO
Price: Free

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください