YouTube、Twitterなどへの自動共有機能を1月末で提供終了

Google は 2019 年 1 月 12 日、動画サービス「YouTube」における Twitter や Google+ への自動共有機能を、1 月 30 日で提供終了すると発表しました。

これにより、例えば動画公開時や動画に対して高評価を行った際の Twitter や Google+ への自動共有が行われなくなります。

1 月 31 日以降、YouTube での操作(アップロード、高く評価した動画など)を Twitter や Google+ に自動共有する機能がご利用いただけなくなります。

ライブ配信開始時のアラートとして Twitter を活用している YouTuber は、特に注意が必要。1 月 31 日以降は URL をコピーして手動で拡散するか、IFTTT などの連携サービスを活用するなどの対策が必須となります。

Google は恐らく、「YouTube」における共有方法を、強制的に “コミュニティ” に一本化する狙いがあるのでしょう。とはいえ、共有機能を活用していたユーザーにとってはいい迷惑ですね。

Source:YouTube

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください