ビックカメラ、Go Editionタブレット「KI-R7」発売

2019 年 1 月 10 日に発表されすぐにノジマ電気で発売された、恵安製で国内初の Go Edition(Android 8.1 ベース)搭載タブレット「KEIAN KI-R7」が、ビックカメラでも販売開始されました。

ビックカメラにおける「KEIAN KI-R7」の本体価格は 10,890 円(税抜)です。ノジマ電気では送料と税込み 7,980 円で販売されていたので、ビックカメラはそれよりも高価です。

ただし 10% のポイント還元も付きます。

ビックカメラで発売されたということは店頭で実機を触ることもできるかもしれませんね。そのゴ〇端末具合を触って味わいたい方は是非ビックカメラに駆け込んでみてはいかがでしょうか。

「KEIAN KI-R7」

「KEIAN KI-R7」は、国内では数少ない Android 8.1 Oreo ベースの軽量 OS「Android Go Edition」を搭載する Wi-Fi タブレットです。

海外では「Android Go Edition」搭載といえばスマートフォンが主流ですが、国内では 7 インチ台のタブレットが数機種投入されています。逆にスマートフォンは今のところありません。

「Android Go Edition」、その特徴は超エントリースペックで、そして超安価。元々途上国向けの安価でありながら最新 OS を搭載する機種向けとして開発された OS なので、その特徴があります。

そして実際の機種の実用性ですが、はっきり言って皆無です。使えば使うほどイライラさせられるはず。

それを覚悟して購入してください。

主要スペック

OS
Android 8.1(Go Edition)
サイズ
189.5 × 109 × 9.2 mm
重量
250g
ディスプレイ
7 インチ(1,024 × 600)XGA、IPS
プロセッサ
Rockchip RK3126C Quad-core
RAM
1GB
内部ストレージ
8GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
200 万画素
フロントカメラ
30 万画素
Wi-Fi
802.11 b / g / n
Bluetooth
4.0
バッテリー
2,500mAh
その他
micro USB
カラー
ダークネイビー

ビックカメラ 商品ページリンク

恵安「KEIAN KI-R7」
KI-R7 Androidタブレット ダークネイビー [7型 /ストレージ:8GB /Wi-Fiモデル]

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください