Google、「インスタン トテザリング」の対応機種を拡大

Google は 2019 年 2 月 4 日、Pixel や Nexsu などの一部機種で利用可能となっていた、モバイルデータを共有できるいわゆる「テザリング」の進化版「インスタント テザリング」を、HTC や Motorola などのサードパティーメーカー製 Android スマートフォンや Chromebook にも拡大したことを発表しました。

「インスタン トテザリング」

「インスタン トテザリング」は、要は Wi-Fi テザリングなのですが、その特徴は、モバイルデータの共有を受ける側からテザリングを遠隔で ON にすることができる点。

遠隔でテザリングを ON にできる機能ということで、セキュリティ面が心配かもしれませんが、双方の機種にて同じ Google アカウントでログインしている必要があるため、基本的には第 3 者に勝手に利用されるようなことはありません。

このほか Bluetooth が ON になっている点も条件となります。

「インスタン トテザリング」を利用する方法は、Google 設定から “Google” → “インスタント テザリング” へと進みます。

モバイルデータの共有が可能な機種がある場合はそこに機種名が表示されるので、その機種をタッチします。

「インスタン トテザリング」はこれまで、Pixel や Nexsu スマートフォンとタブレット、「PixelBook」と「Pixel Slate」のごく一部の機種でしか利用することができず、更にモバイルデータを共有する側と共有を受ける側、双方が「インスタン トテザリング」をサポートしていないと利用することができなかったので、ある利用のハードルが高い意味マイナー機能でした。

しかし今回対応機種が大幅に拡大されたことで、ハードルが大幅に下がったと言えるでしょう。

実際に「インスタン トテザリング」が解禁された機種は、Android スマートフォンでは「HTC U11」以降のフラッグシップ、「Huawei Mate 10」以降の Mate シリーズ、「LG G7 ThinQ」「LG V30」以降のフラッグシップ、「Moto Z / Z2 Force / Z3」、「OnePlus 5」以降、「Galaxy S7 / Note 8」以降のフラッグシップ、そして 15 機種の Chromebook です。

特に Chromebook の場合、モバイルデータの共有が可能な機種が近くにあった場合、接続を促すポップアップが表示され、そこからダイレクトに「インスタン トテザリング」による Wi-Fi テザリングを利用できるようになります。

このほか「インスタン トテザリング」対応機種は、今後更に拡大される予定です。

Source:Google

スポンサーリンク

関連記事

「Google、「インスタン トテザリング」の対応機種を拡大」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください