「Google フォト」カラーポップが正式に提供開始

Google は 2019 年 2 月 22 日、アルバムサービス「Google フォト」の Android 版アプリを v4.10.0 にアップデートし、Google I/O 2018 で正式発表した、写真のメインの被写体はカラーのまま残しつつ背景をモノクロ仕様にするアシスタント機能「カラーポップ」を正式版としてリリースしました。

「カラーポップ」、アプリバージョン v3.20 辺りからたまに適用されることを確認していたのですが、あくまでもテスト版かベータ版ということで、正式版ではなかった模様です。

とはいえ背景をモノクロにしたい写真をユーザーが選択できるわけではなく、あくまでも「Google フォト」が自動選定した写真のみに限ります。

「カラーポップ」

「カラーポップ」は Google I/O 2018 で発表された様々なな新サービス、新機能の中で、上位に来るほど注目された「Google フォト」の新機能です。

カラー写真に写るメインの被写体を残したまま、背景などをモノクロに変換して、より印象深い写真を作成してくれます。

「カラーポップ」は「Google フォト」の写真編集機能で利用できるものではなく、あくまでも “アシスタント” タブで提案が表示される自動機能です。

つまり今のところユーザーが選んだ写真や選んだ被写体をモノクロにできるわけではなく、あくまでも「Google フォト」が選択した写真が「カラーポップ」仕様で “アシスタント” タブに表示され、それを保存するかどうかのみユーザーが選択することができます。

また「カラーポップ」は今のところ個別での ON / OFF 設定は用意されていません。設定の “アシスタント カード” の中にある “クリエィティブ” の中に集約されています。

アプリリンク

Android
Google Photos
Price: Free
iOS
Google フォト
Price: Free+

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください