Article headline Speakable markup example

LG、触れずに操作可能なエアモーション対応「LG G8 ThinQ」正式発表【MWC 2019】

Sony Mobile は 2019 年 2 月 24 日、スペイン・バルセロナで開催されるモバイル関連製品の見本市 MWC 2019 のプレスカンファレンスにおいて、2019 年フラッグシップにして触れずに操作可能な初のエアモーション機能を実装したハイスペックスマートフォン「LG G8 ThinQ」を正式発表しました。

「LG G8 ThinQ」

「LG G8 ThinQ」は 6.1 インチ(3,120 × 1,440)WQHD+ OLED FullVision ディスプレイや Snapdragon 855 プロセッサ、6GB RAM、そして背面トリプルカメラを搭載するハイスペックスマートフォンです。

そして「LG G8 ThinQ」の最大の特徴は、フロントカメラ「Z Camera」に向かってジェスチャー操作を行うことで、あらかじめ設定しているアプリをダイレクトに起動したり、スクリーンキャプチャを撮ったり、音楽や動画再生中のボリュームを操作したりなど、スマートフォンに触れずに操作を行うことができるエアモーション操作に対応している点。

更に画面ロックの解除においても初めて静脈認証をサポートし、フロントカメラユニットに実装されている 3D センサーに向かって手をかざすだけで画面ロックを解除することも可能です。

ディスプレイは LG ならではの 564ppi の明るいディスプレイを今回も搭載し、DTS:X 3D サラウンドや迫力ある重低音を再現することができるブームボックススピーカーも搭載。

IP68 規格の防水防塵と MIL-STD 810G の耐衝撃性能を兼ね備えるなど、昨年の「LG G7 ThinQ」から機能や性能を引き継ぎつつ、「Z Camera」によるエアモーション操作に新たに対応し更にスペックアップした仕様となっています。

カラーバリエーションは “カルミンレッド” “ニューオーロラブラック” “ニューモロッカンブルー” の 3 色展開です。

主要スペック

OS
Android 9.0 Pie
サイズ
151.9 × 71.8 × 8.4 mm
重量
167g
ディスプレイ
6.1 インチ(3,120 × 1,440)WQHD+ OLED FullVision
プロセッサ
Snapdragon 855
RAM
6GB
内部ストレージ
128GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
1,200 万画素(F/1.5、1.4μm、78°)+ 1,600 万画素(F/1.9、1.0μm、107°)+ 1,200 万画素(F/2.4、1.0μm、45°)
フロントカメラ
800 万画素(F/1.7、1.22μm、80°)、Z Camera
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth
5.0
バッテリー
3,500mAh
その他
USB Type-C、DTS:X 3D サラウンド、指紋センサー、IP68、MIL-STD 810G
カラー
カルミンレッド、ニューオーロラブラック、ニューモロッカンブルー

Source:LG

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

Jetstream BLOG をフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。