「TicWatch Pro」にシステムバージョン“H”がきた【レポート】

2018 年 11 月に Google が発表した、Wear OS の新しいシステムバージョン “H”。

それ以降この “H” が一体何なのか、どのタイミングで配信されるのかなど、謎に包まれたままとなっていたのですが、なんと「TicWatch Pro」にこのシステムバージョン “H” が降ってきました。

厳密にいうと、いつの間にかアップデートされていたというのが正しい表現です。

いつ自動でアップデートされたのかは不明ですが、「TicWatch Pro」内部の端末情報はちょくちょく見て確認していたので、ごく最近であることは間違いありません。

システムバージョンの部分もちゃんと “H” となっています。ちなみにセキュリティパッチレベルも以前の 2018 年 7 月から 2018 年 11 月に更新されているので、「TicWatch Pro」にソフトウェアアップデートが適用されたことがうかがえます。

察するにこのシステムバージョン “H”、先日 Mobvoi が発表した、フィットネス機能や心拍センサーを連続利用する場合のバッテリー消費量が大幅に軽減される、「TicWatch Pro」に最適化された「Google Fit」が内包されているのではないでしょうか。

システムバージョン “H” は 4 つの新機能が追加されているのですが、それらも含めてシステムバージョン “H” がまず「TicWatch Pro」に先行配信されたのかもしれません。

実際のところどうなのかはわかりませんが、恐らく今のところシステムバージョン “H” を試せるのは「TicWatch Pro」のみと予想されるので、「TicWatch Pro」ユーザーは是非システムバージョンを確認してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください