Wear OSシステムバージョン“H”はAndroid 9.0 Pieベース【レポート】

2019 年 3 月中旬辺りから配信が開始された、Wear OS の新しいシステムバージョン “H” が、手持ちの「TicWatch C2」にも降ってきました。

今回は運よくそのアップデートタイミングに立ち会うことができたのですが、その際にあることを発見しました。Wear OS のシステムアップデートって、基本的にバックグラウンドで勝手に行われるので、気付かないことが多いんですよね。

で、その発見した点とは、Wear OS の新しいシステムバージョン “H” の Android バージョンです。冒頭写真でもわかる通り、“システムアップデート完了中” 通知の題名に “P” が記載されています。

このことから、Wear OS システムバージョン “H” が Android 9.0 Pie ベースであることが発見されました。まぁ Wear OS のエミュレーターなどからすでに判明していた可能性もありますが。

ところで「TicWatch C2」のシステムバージョン “H” へのソフトウェアアップデートですが、なんと「TicWatch Pro」「TicWatch S2」システムバージョン “H” アップデート時の Android セキュリティパッチレベル “2018 年 11 月 5 日” よりも遥かに最新となる “2019 年 2 月 5 日” となりました。

私は Wear OS ウォッチを「TicWatch Pro」「TicWatch S2」「TicWatch C2」「Fossil Sport」の 4 機種運用しているのですが、現時点ではその中で「TicWatch C2」が最新。

逆に Snapdragon Wear 3100 プロセッサを搭載する「Fossil Sport」は、まだ Android 8.1.0(2018 年 10 月 5 日)のままです。皮肉なもんですね。

Mobvoi が Snapdragon Wear 3100 プロセッサを搭載する新しい Wear OS ウォッチを発表したら、それはもう超優秀な人気機種となるのかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

「Wear OSシステムバージョン“H”はAndroid 9.0 Pieベース【レポート】」への3件のフィードバック

  1. はじめまして
    ticwatch C2検討中でたどり着きました。
    今回のアップデートでLINEの返信などもできるようになる感じですか?

  2. そうでしたか^^;
    あまり情報が無いので助かりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください