軽量アプリ「Google アシスタント Go」が日本語をサポート

当初は日本語をサポートしていなかった、Google の AI アシスタントシステム「Google アシスタント」の、軽量版 OS「Android Go Edition」用アプリ「Google アシスタント Go」が、遂に日本語をサポートした模様です。

「Google アシスタント Go」の日本語サポートはアプリのアップデートで行われたわけではなく、いつの間にか解禁されていました。Google のサーバー側か何かで処理が行われたと予想されます。

また特に Google からのアナウンスもなく、実際の日本語サポート時期は不明。とはいえ今年の 1 月下旬以降であることは間違いないでしょう。

ということで、発売当初は「Google アシスタント Go」を利用することができなかった「KEIAN KI-R7」でも、利用できることを確認しました。

国内ではまだ珍しい Android 8.1 Oreo ベースの軽量 OS「Android Go Edition」を搭載する、超安価な恵安...
「Google アシスタント Go」が利用できない【Go Edition KI-R7レビュー】 - Jetstream BLOG

「Google アシスタント Go」の設定ページの “言語” も日本語となっています。

「Google アシスタント Go」が日本語をサポートしたからといって、依然公式にインストールができる機種は「Android Go Edition」機種のみです。通常の Android では Google Play からインストールすることはできません。

とはいえ「Google アシスタント Go」はあくまでも「Google アシスタント」の廉価版。「Google アシスタント」の方が機能満載ですし、何より特別重いアプリというわけではないので、わざわざ通常の Android に「Google アシスタント Go」をインストールする意味はありません。

それは置いておいて、「Google アシスタント Go」が日本語をサポートしたとうことで、「KEIAN KI-R7」などのタブレット版(なんちゃって)「Android Go Edition」ではなく、ちゃんとしたスマートフォン版「Android Go Edition」機種がいよいよ日本でもリリースされるのかもしれないですね。

アプリリンク

Android
Price: Free

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

Jetstream BLOG をフォロー

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください