ビックカメラ、超特価「BlackBerry Priv」国内モデルを更に値下げ

ビックカメラは 2019 年 4 月 16 日、年始から超特価の 29,800 円(税抜き)で販売している、2016 年に国内発売された BlackBerry 初の Android スマートフォン「BlackBerry Priv」を、なんと更なる超特価となる 24,800 円(税抜き)で販売開始しました。

以前から 5,000 円の値下げです。税込み価格は 26,784 円。ポイント還元率は 1%(267 ポイント)です。

「BlackBerry Priv」は発売当初 99,800 円(税抜き)だったので、ついに 1 / 3 以下となりました。

国内版「BlackBerry Priv」

「BlackBerry Priv」は BlackBerry の Android スマートフォン第 1 弾機種です。元々は MWC 2015 で初披露され、そして 2015 年 10 月に米国で販売が開始されました。

当初米国モデル型番「STV100-1」はかなりの人気で、数カ月在庫切れとなっていたのは良い思い出です。

その後国内モデルは約半年遅れとなる 2016 年 3 月にに発売が開始されました。この時の公式本体価格は税込み 107,784 円。

「BlackBerry Priv」国内モデルは香港などで販売されている型番「STV100-3」をベースに、更に LTE Band 19 にも対応させた国内ローカライズモデルとなっています。

ただし型番「STV100-3」や国内モデルの「Priv」は、米国モデルの「STV100-1」や欧州モデルの「STV100-4」では対応しているワイヤレス充電(Qi)をサポートしていない点も特徴。

現在は「KEYone」や「KEY2」が発売されているので、「Priv」はもはや遠い過去の遺産となりつつありますが、それでもスライド式キーボードやデュアルエッジの WQHD 解像度ディスプレイなど、魅力は満載です。そもそも最後の BlackBerry 製造スマートフォンですしね。

主要スペック

OS
Android 6.0.1
サイズ
147 × 77.2 × 9.4 mm
重量
192g
ディスプレイ
5.43 インチ(2,560 × 1,440)WQHD、AMOLED、Corning Gorilla Glass 4、デュアルエッジ
プロセッサ
Snapdragon 808 Hexa-core 1.8GHz
RAM
3GB
内部ストレージ
32GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
1,800 万画素、光学手ブレ補正、F/2.2、4K 動画撮影、4 倍ズーム、Schneider-Kreuznach 認定カメラ
フロントカメラ
200 万画素、F/2.8、2 倍ズーム、1.75um ピクセルサイズ
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth
4.1
バッテリー
3,410mAh、Quick Charge 2.0、ワイヤレスチャージング(PMA / Qi)
その他
NFC
カラー
ブラック
モバイルネットワーク
  • 2G:GSM 850 / 900 / 1,800 / 1,900 MHz
  • 3G:WCDMA B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8
  • 4G(LTE Cat.6)
    • FDD-LTEB1/ 2/ 3/ 4/ 5/ 7/ 8/ 12/ 13/ 17/ 19/ 20/ 25/ 28/ 29/ 30
    • TD-LTE B38/ 40/ 41

ビックカメラ 商品ページリンク

国内版「BlackBerry Priv」
BlackBerry PRIV ブラック 「PRD-60028-037」 ・5.4型・メモリ/ストレージ:3GB/32GB nanoSIMx1 ドコモ/ソフトバンクSIM対応 SIMフリースマートフォン

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください