Android版「Google フォト」に文章トリミング機能が追加

2019 年 4 月 15 日に Google のフォトライブラリサービス「Google フォト」の Android 版アプリが v4.14.0 へとアップデートされ、3 月 29 日に発表されたレシートや名刺を写した写真に対する自動調整 & トリミング機能 “切り抜きと調整” が利用できるようになりました。

“切り抜きと調整” は iOS 版「Google フォト」アプリではすでに利用することができます。

“切り抜きと調整”

“切り抜きと調整” は、速い話が「フォトスキャン」アプリのようなことを「Google フォト」上で簡単に利用することができる機能です。

ただしあくまでも AI が判断して写真の “切り抜きと調整” を提案してくれる機能なので、ユーザーが選んだ写真を “切り抜きと調整” できるわけではありません。

“切り抜きと調整” の対象写真には、他のアシスタントカードのように、画面した部分に提案ポップアップが表示され、そこをタッチして進めていくことで簡単に調整して保存することができます。

調整位置はユーザー自身でもドラッグ & ドロップで行うことができる仕様です。

写真の明るさや向きのユーザー指定も可能。保存は基本的に元ファイルを上書きします。

ちなみにこの “切り抜きと調整” は、「Google フォト」設定の “アシスタント カード” 内に個別での機能 ON / OFF 設定は用意されていませんでした。

つまり機能自体を OFF にすることは、今のところできない模様です。

アプリリンク

Android
Google Photos
Price: Free
iOS
Google フォト
Price: Free+
WEB 版

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください