「NuAns NEO [Reloaded]」販売終了、次世代モデルは一旦お休み

国内メーカーのトリニティは 2019 年 4 月 23 日、2 年前の 2017 年 6 月に発売したおサイフケータイ対応スマートフォン「NuAns NEO [Reloaded]」の販売終了を、同社の公式ブログ「トリログ」で発表しました。

「NuAns NEO [Reloaded]」の販売終了は、製造終了 + 出荷終了を意味しています。つまりまだ市場には多少流通している可能性はあるものの、追加投入は行われません。

ちなみに初代「NuAns NEO」は在庫が余った状態での製造終了となったようですが、「NuAns NEO [Reloaded]」についてはトリニティ倉庫分を完全に販売仕切ったとのことです。

現在の流通分がなくなり次第終了、入手不可となります。

ただしセキュリティアップデートの配信と修理サポートは引き続き行われます。「NuAns NEO [Reloaded]」はご心配なく。

そして気になる次世代モデル(Revolutions?)についてですが、こちらは一旦お休みとなる模様。現在次世代モデルの開発については、“現時点で作り上げられる自信がない” ということです。

開発すら行われていないと予想されます。

当時は珍しい SIM フリースマートフォンにおける「おサイフケータイ」搭載機種ということもあり、賛否両論あったもののかなり話題となった「NuAns NEO [Reloaded]」。

これから入手しようと思っている方は早めに動いた方が良さそうです。手遅れかもしれないですけど。

Source:トリニティ

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください