Google、Wear OSの新しいタイルUIを発表

Google は 2019 年 5 月 1 日、次のアップデートで提供される Wear OS ウォッチの新しい UI「タイル UI」を発表しました。

Wear OS の新しい「タイル UI」は、5 月中より順次提供が開始される予定ですが、5 月 7 日から米国で開催される開発者向けイベント Google I/O 2019 にて詳しい内容が公開されます。

「タイル UI」

Wear OS に導入される新しい「タイル UI」は、日々の活動目標、次のカレンダーイベント、天気予報、心拍数、「Google ニュース」のヘッドライン、タイマーなどを各タイルとして、ホームから左にスワイプすることで、タイルを次々に切り替え表示することができる新しい操作方法です。

またスワイプによって表示するタイルの順番もカスタマイズすることができます。

現状の Wear OS ではホーム画面から上下左右の 4 方向スワイプを行うことで、クイック設定、「Google Fit」、通知、「Google アシスタント」をそれぞれ表示しいて操作することができます。これは Wear OS v2.0 で解禁になった UI で、2018 年 8 月に発表され 9 月より順次提供が行われてきました。

つまり今回更に新しい「タイル UI」が提供されるわけで、2018 年に提供された 4 方向スワイプがもう廃止となる可能性があります。

詳細については Google I/O 2019 で発表されるので、まずはそこに注目しましょう。

Source:Google

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください