プレイグラウンド用「名探偵ピカチュウ」配信、Pixel 3などで利用可能

Google は 2019 年 5 月 1 日、5 月 3 日より日本で先行上映されるポケットモンスター初のハリウッド実写映画「名探偵ピカチュウ」を記念した、プレイグラウンド用プレイ文字アプリ「POKÉMON 名探偵ピカチュウ」を、Google Play ストアにて配信開始しました。

アプリは無料でダウンロードできますが、「Pixel 3」「Pixel 3 XL」などの Google の AR システム「ARCore」をサポートしているスマートフォンやタブレットでのみ利用可能です。

「POKÉMON 名探偵ピカチュウ」

「POKÉMON 名探偵ピカチュウ」は、「名探偵ピカチュウ」に出てくるキャラクター「ピカチュウ」「リザードン」「プリン」「バリヤード」の 4 体を、動くプレイ絵文字として利用できるプレイグラウンド用アプリです。

利用方法はほかのプレイグラウンド用アプリと同じく、カメラを起動して “その他” → “Playground” と進みます。

あとは好きなキャラクターをタッチして画面上に配置し、カメラ撮影したり動画撮影して遊びます。

ちなみに「POKÉMON 名探偵ピカチュウ」は日本語ボイスもサポート。「ピカチュウ」などは日本語でしゃべりますが、日本の「ピカチュウ」の “あの” 声ではなく、かなりおっさん声です。

日本の「ピカチュウ」しか知らない子供たちからしたら、かなりトラウマレベルです。小さいお子様と遊ぶ場合は利用には十分ご注意ください。

アプリリンク

Android

Source:Google

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください