Android Go「Redmi Go」が10,000円以下で直輸入可能に

中国 Xiaomi が 2019 年 1 月末に正式発表し、その後すぐに海外で発売された Android ベースの軽量 OS「Android Go Edition」を搭載する Redmi ブランドのエントリースマートフォン「Redmi Go」が、米国の Amazon.com にて、元値 $84.99 から約 $15 引きとなる $70 程度に値下がりして販売中です。

もちろん直輸入可能。カラーは “ブラック” と “ブルー” の 2 色ともです。

今回ご紹介している米 Amzon の「Redmi Go」は Amazon 出品ではなく、“Mobiles International LLC” というマーケットプレイス出品となります。とはいえ出荷元は Amazon フルフィルメントセンターなので、Amazon の安価な国際配送を利用可能です。

また Amazon となるため保証も手厚いので、安心して購入することができるかと思います。

ちなみに 8GB 内部ストレージ搭載モデルです。

「Redmi Go」

「Redmi Go」は Xiaomi 初のとなる、軽量 OS「Android Go Edition」と専用の軽量 Google アプリを搭載するエントリースマートフォンです。

5 インチ(1,280 × 720)HD ディスプレイ、Snapdragon 425 プロセッサ、1GB RAM、8 / 16 GB 内蔵ストレージ、800 万画素リアカメラ、500 万画素フロントカメラ、3,000mAh バッテリーを搭載。

カラーバリエーションは “ブラック” と “ブルー” の 2 色。

このほか今回、Dual SIM スロット + micro SD カードスロットの、トリプルスロットを搭載することも明らかとなりました。

価格や投入時期は不明ですが、「Android Go Edition」搭載スマートフォンということで、恐らくかなり安価となると予想されます。

Xiaomi はこれまでも、素の Android UI を採用する Android One スマートフォン「Xiaomi Mi A1」「Xiaomi Mi A2 / A2 Lite」を投入していますが、いずれもかなり評価の高い機種です。

「Redmi Go」にも期待が膨らみます。

主要スペック

OS
Android Go Edition
サイズ
140.4 × 70.1 × 8.35 mm
重量
137g
ディスプレイ
5.0 インチ(1,280× 720)HD、IPS
プロセッサ
Snapdragon 425 Quad-core 1.4GHz
RAM
1GB
内部ストレージ
8 / 16 GB
リアカメラ
800 万画素、F/2.0、1.12μm
フロントカメラ
500 万画素、F/2.2、1.12μm
Wi-Fi
802.11 b / g / n
Bluetooth
4.1
バッテリー
3,000mAh
その他
micro USB、デュアル SIM(DSDV 非対応)
カラー
ブラック、ブルー
モバイルネットワーク
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G:WCDMA B1 / 2 / 4 / 5 / 8
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 20 / 28
    • TD-LTE B38 / 40

輸入総額

本体価格約 $70 に値下げされた「Redmi Go」を Amazon から直輸入する場合の概算総額は以下の通り。

以前の直輸入価格は 12,000 円程度だったのですが、なんと 10,000 円以下で直輸入できるようになりました。

ただし為替の変動によって日本円価格も変動します。あくまでも参考価格です。

Global Priority(2 ~ 4 営業日で到着)
$87.42(約 9,950 円)
Global Expedited(6 ~ 10 営業日で到着
$82.07(約 9,350 円)
Global Standard(9 ~ 14 営業日で到着)
$76.37(約 8,700 円)

Amazon 商品ページリンク

「Pixel 3a(G020B)」
Google Pixel 3a GOGP-P3A
「Pixel 3a XL(G020F)」
Google Pixel 3a XL GOGP-P3AXL

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください