DJI、2画面ディスプレイ搭載小型防水アクションカム「Osmo Action」発表

小型ジンバル「Osmo Pocket」やスマートフォンジンバル「Osmo Mobile 2」などを手掛ける DJI は 2019 年 5 月 15 日、2 画面ディスプレイ搭載小型防水アクションカム「Osmo Action」を発表しました。

「Osmo Action」は 44,820 円(税込み)で、5 月 17 日に発売されます。また DJI 公式ストアや Amazon にて、同日より予約も開始されています。

「Osmo Action」

「Osmo Action」は「GoPro」のよう小型アクションカムです。

サイズも 65 × 42 × 35 mm と手のひらにすっぽりと収まるサイズで、重量 124g と軽量スマートフォン並みの軽さとなっています。

その特徴は前面に 1.4 インチ、背面に 2.25 インチのカラーディスプレイを搭載している点。前面ディスプレイは自撮りに最適で、背面ディスプレイはタッチによる様々な操作を行うことができます。

カメラは 1,200 万画素 1/2.3 インチ CMOS センサーに F2.8 の 145° ワイドレンズを搭載。4K@24 ~ 60fps 動画撮影のほか、4K@120 or 240fps のスローモーション撮影もサポート。

脱着可能な 1,300mAh バッテリーでは、4K@60fps 解像度動画を最大 63 分間撮影が可能です。小型のわりにかなり省電力。また発熱対策として効率的な冷却システムも採用しています。

そして「Osmo Action」最大の特徴は、電子式映像ブレ補正(EIS)と DJI 独自アルゴリズムを組み合わせた超手振れ補正機能「RockSteady」に対応。ジンバルなしで「GoPro 7 Black」以上の手振れ補正撮影が可能となっています。

また逆光状態でも鮮明に撮影が可能な HDR 撮影モードも利用可能。マニュアル撮影モードやタイムラプス、タイマー撮影などももちろん可能です。

このほか頻繁に使用する撮影モードと露出設定の複数バリエーション保存して一覧から簡単に選択して撮影開始可能な「カスタムモード」や、撮影モードや設定に素早くアクセスできる「QS(クイックスイッチ)ボタン」、シャッターボタンを押すと電源が入り 2 秒以内に撮影が開始される「SnapShot」機能も搭載。

性能面では 11m 防水と -10° の極寒状態での利用をサポート。スマートフォンとの連携ももちろん対応で、「Osmo Pocket」と同じ Android と iOS 向けに配信されている「DJI Mimo」アプリにてスマートフォンから制御可能。

「Osmo Action」は「Osmo Pocket」の防水非対応にガッカリされていた方向けのアクションカムです。値段的にもほぼ同じという点は、やはり DJI 側のその辺を考慮してのことなのでしょう。

商品ページリンク

DJI ストア
Osmo Action 44,820円
Amazon
【国内正規品】DJI OSMO Action アクションカメラ

Source:DJI

スポンサーリンク

関連記事

「DJI、2画面ディスプレイ搭載小型防水アクションカム「Osmo Action」発表」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください