ゆいレール、令和2年春に「Suica」サービスを開始

沖縄南部から中部にかけてモノレール「ゆいレール」を展開している沖縄都市モノレールは 2019 年 5 月 24 日、令和 2 年春を開始目途として、JR 東日本が展開する交通系 IC サービス「Suica」の利用を開始すると発表しました。

ついに「Suica」で「ゆいレール」に乗ることができる日が来ます。

「ゆいレール」は現状、NFC を媒体とした独自交通系 IC カード「OKIKA」を展開しています。この「OKIKA」は、JR 東日本が展開する Felica(NFC Type-F)を媒体とする「Suica」などの交通系 IC カードと互換性はありません。

つまり「ゆいレール」の各駅に設置されている自動改札機は、今のところは「Suica」非対応。今後この完全入れ替えなのか、もしくは内部ハードウェアとソフトウェアのアップデートが必須となります。

この辺が技術的にどうなるのかで、令和 2 年春の詳細時期が決まってくると予想されます。

それにしても、ようやく「モバイル Suica」対応スマートフォンで「ゆいレール」に乗ることができますね。まぁ私自身、年に数回しか乗ることはないですが。

とはいえ内地から観光で沖縄にいらっしゃる方々は、「OKIKA」や切符を購入することなく普段利用している交通系 IC サービスで「ゆいレール」に乗ることができるようになるので、かなり観光的な利便性も向上します。要は観光やビジネスなどで来沖しやすくなりますね。

Source:沖縄都市モノレール

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください