「TicWatch S2」ホワイトがAmazonで早くも10%引き

国内の Amazon.co.jp において、Mobvoi の最新 Wear OS ウォッチ「TicWatch S2」と「TicWatch E2」が 10% 引きとなるクーポンが配布されています。

このクーポンは 2019 年 5 月中旬に国内発売されたばかりの「TicWatch S2」“ホワイト” も対象。商品ページ内から簡単に 10% 引きクーポンを適用して安価に購入することが可能です。

特に「TicWatch S2」“ホワイト” を狙っていた方は是非!

「TicWatch E2 / S2」

「TicWatch S2」と「TicWatch E2」は、初代「TicWatch E」「TicWatch S」の正当な後継機種です。

その特徴は共に 5 気圧防水に対応し、スイミングトラッカーやサーフトラッカーとして利用できる点、そしてそれに伴った専用のフィットネスプログラムがプリインストールされている点です。

初代では GPS がウォッチケースハードウェア本体搭載の「TicWatch E」と、バンド部分に GPS アンテナが搭載されている「TicWatch S」、という違いがありましたが、新型「TicWatch E2」「TicWatch S2」では共にウォッチケースハードウェア内搭載となりました。

これにより、初代「TicWatch S」では GPS アンテナ内蔵のため交換不可だったバンドも、新型では共に交換可能に一新。ちなみにバンド幅は共に 22mm です。

デザインは各デザイン賞を受賞した初代から継承され、ポリカーボネート製のサークル形状ウォッチケースを採用。ただし初代では左サイドに配置されていた物理ボタンも、新型では右サイドに変更され、一般的なデザインとなっています。

気になるハードウェアスペックですが、1.39 インチ(400 × 400)AMOLED ディスプレイに、Snapdragon Wear 2100 プロセッサ搭載です。残念ながらSnapdragon Wear 3100 ではありません。

RAM や内部ストレージは今のところ未公開。ちなみに初代は MediaTek MT2601 プロセッサ + 512MB RAM + 4GB 内部ストレージ搭載です。

バッテリー容量は初代から 30% 増量された 415mAh です。これにより初代を上回るロングライフバッテリーも実現しています。

カラーバリエーションは「TicWatch E2」が “ブラック” のみ、「TicWatch S2」が “ブラック” と “ホワイト” の 2 色。

このほか「TicWatch S2」については 5 気圧防水だけでなく 米国国防省の軍事規格 MIL-STD-810G のような高耐久性能も持ち合わせています。

TicWatch S2 ブラック
TicWatch S2 ホワイト
TicWatch E2

主要スペック

OS
Wear OS
サイズ
  • Ticwatch S2:46.6 × 51.8 × 12.9 mm、バンド幅 22mm
  • Ticwatch E2:46.9 × 52.2 × 12.9 mm、バンド幅 22mm
重量
  • Ticwatch S2:-
  • Ticwatch E2:-
ディスプレイ
1.39 インチ(400 × 400)、AMOLED
プロセッサ
Snapdragon Wear 2100
RAM
内部ストレージ
Wi-Fi
802.11 b / g / n
Bluetooth
4.1
バッテリー
415mAh
その他
GPS、5 気圧防水、MIL-STD-810G(TicWatch S2)
カラー
  • Ticwatch S2:ブラック、ホワイト
  • Ticwatch E2:ブラック

Amazon 商品ページリンク

「TicWatch S2」“ブラック”
TicWatch S2 フィットネス スマートウォッチ Wear OS by Google 5 ATM防水&水泳対応 屋外の探検に適応 腕時計 iPhone&Android対応 ブラック
「TicWatch S2」“ホワイト”
TicWatch S2 フィットネス スマートウォッチ Wear OS by Google 5 ATM防水&水泳対応 屋外の探検に適応 腕時計 iPhone&Android対応 ホワイト
「TicWatch E2」“ブラック”
TicWatch E2 フィットネス スマートウォッチ Wear OS by Google 5 ATM防水&水泳対応 腕時計 iPhone&Android対応 ブラック

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください