Article headline Speakable markup example

「Gboard」オリジナルステッカー作成機能がちょっと進化してた【レポート】

Google のモバイル向け文字入力アプリ「Gboard」には、昨年の夏ごろより、ユーザーの顔を撮影することでオリジナルのステッカーを作成してくれる機能「mini」が実装されています。

この「mini」、久しぶりに使ってみたらちょっと進化していたので、今回ご紹介させていただきます。

「mini」

「mini」は、元々「Google Allo」で実装されていたステッカー自動作成機能と内容は同じで、自撮り写真からオリジナルのステッカーを作成してくれる便利機能です。

実際のオリジナルステッカー作成は、「Gboard」のステッカータブから「mini」のアイコンをタッチすることで行うことが可能。指示に従って スマートフォンのフロントカメラで自撮り写真を撮影ることで、オリジナルステッカーが作成されます。

作成されたステッカーはカスタマイズして微調整することも可能。あとは SNS などで利用可能です。1 つの画像として扱われるため、「LINE」など「mini」のステッカーがサポートされていない SNS の場合でも、画像として利用することが可能です。

進化

で、今回確認した進化ポイントは、自動作成されるステッカーが、3 種類に増えていた点。

当初は 2 種類だったので、1 種類多く作成されるようになりました。ノーマルな “絵文字 mini”、よりデフォルメされた “かわいいミニ”、そしてちょっとリアルな “大胆なミニ” の 3 種類です。

もちろん自動生成後にそれぞれカスタマイズすることも可能。人とは違うオリジナルステッカーを作成して、是非活用してみてください。

アプリリンク
Android
iOS

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください