国内版「Pixel 3a」のソフトウェアアップデートは国際版より遅い?

既に海外で発売されている eSIM 対応の SIM フリー版「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」には、2019 年 6 月のセキュリティパッチ更新を含むソフトウェアアップデート(Android 9.0 Pie)が配信されています。

一方で国内版 Felica 対応版「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」にはまだソフトウェアアップデートは配信されていません。これはベータ版 OS の最終 API バージョン「Android Q Beta 4」も同じです。

「Android Q Beta 4」については、一応 Google 公式に国内版「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」への配信は、国際版から約 2 週間程度遅れることが発表されています。

For Pixel 3a/XL devices only, it will take up to two weeks for users in Japan to receive the Beta 4 OTA update.

ちなみに「Android Q Beta」のシステムイメージを Google 公式に配信している “Android Developers” サイトにおいても、国内版「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」ファイルは現在まだ未公開です。

そもそも国内外問わず「Android Q Beta 4」の OTA アップデートについてはバグが報告されているので、現在配信停止中です。

このことを踏まえると、国内版「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」へのセキュリティパッチ更新を含むソフトウェアアップデートは、国際版よりも遅れる可能性があります。実際に遅れていることは明らかですし。

ただしもちろん 2019 年 6 月の更新に限る可能性もあるので、単に今回のみ遅れているのかも。

何にしろ、リファレンスモデルの Pixel スマートフォンなのに、ソフトウェアアップデートが遅れるとは、ちょっと残念ですね。早く配信して欲しい。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください