iOS「Google マップ」渋滞状況レイヤが動的になった【レポート】

Google の地図サービス「Google マップ」において、また未発表の新機能が追加されていました。

※とはいえもしかしたらずっと以前からある機能かもしれません

今回発見した「Google マップ」の新機能は、“渋滞状況” レイヤ利用時の動的表示です。ただ iOS 版「Google マップ」アプリでのみ適用されている模様。

“渋滞状況” レイヤの動的表示がどんなものかというと、渋滞状況が色分けされるだけでなく、車の流れまでちょっとしたアニメーションで流れるというものです。

例えば以下の画像の虫眼鏡部分。色のグラデーションが変化しているのがわかりますでしょうか?

虫眼鏡部分だけじゃなく全体的に動的表示となります

この “渋滞状況” レイヤの動的表示はそこまで早く動くものではないので、はっきり言って、言われてみないと気付かない方が多いかと思います。Google 公式に発表して欲しいですよね。

また Android 版「Google マップ」アプリにはこの “渋滞状況” レイヤの動的表示が今のところはないので、こちらも今後どうなるのか注目です。

ちなみに「Google マップ」アプリの “渋滞状況” レイヤは、レイヤアイコンから切り替え可能です。

アプリリンク

iOS

スポンサーリンク

関連記事

「iOS「Google マップ」渋滞状況レイヤが動的になった【レポート】」への2件のフィードバック

  1. 正直こんな追加機能要りませんから、基本のナビゲーション自体をきちんとした物に改善して頂きたいですね。

    ゼンリンからGoogleべースに変わったらトンデモ無い案内する様になって、最近は使う気が失せました。

  2. 個人的にはゼンリンが廃止されてからもそこまで違和感を感じてません。

    だって Google マップ、以前からとんでもない案内しますからね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください