Wear 3100搭載「Misfit Vapor X」発表&発売

Fossil グループのウェアラブルメーカー Misfit は 2019 年 8 月 14 日、Snapdragon Wear 3100 プロセッサを搭載する同社の新型 Wear OS ウォッチ「Vapor X」を米国で正式発表しました。

5 月の段階で FCC 認証を取得していた型番「DW9B1」が、恐らく「Vapor X」です。

ウェアラブルデバイスメーカー Misfit 製の未発表型番「DW9B1」が、2019 年 5 月 26 日付で FCC の認証...
Misfit製3つボタン式Wear OSウォッチ「DW9B1」がFCCの認証を取得 - Jetstream BLOG

「Vapor X」は同日より発売されています。価格は $279.99 ですが、発売記念としてなんと $199.99 で購入可能。破格です。

「Vapor X」はこれまでのシリーズと同じく多色展開となりますが、まずはオールブラック系の “Black Sport Strap+” とホワイト & ゴールド系の “Rose Beige Sport Strap+” の 2 色が先行で米国発売されています。

残念ながら直輸入は不可。

「Misfit Vapor X」

「Misfit Vapor X」は Misfit の Wear OS ウォッチ第 3 世代モデルです。

第 3 世代の「Vapor X」は Snapdragon Wear 3100 プロセッサを採用。RAM は 512MB、内部ストレージは 4GB です。

ディスプレイ解像度は不明ですが、ラウンド形状の 1.19 インチ 42mm ケース、そして 20mm ストラップを採用。ストラップは初期で同社製ベストフィットストラップ「Strap+」が採用されていますが、一般的なストラップへの交換も可能です。

バッテリーは 300 / 330 mAh で、バッテリーセーバーモードによるロングライフバッテリーもサポートします。

Bluetooth と Wi-Fi はもちろん、スタンドアロン GPS、NFC(Google Pay)、心拍センサーを搭載。3 気圧防水対応で、水泳時の利用も可能です。

更に第 3 世代の「Vapor X」では電源ボタン上下に配置されたカスタムボタン搭載で、アプリやショートカット割り当てによるダイレクト起動もサポート。そしてスピーカー搭載で、母艦スマートフォンの着信転送によるハンズフリー通話や、「Google Play Music」や「Spotify」などから「Vapor X」本体に楽曲をダウンロードすることによる単体楽曲再生も可能。

スタンドアロン GPS も搭載しているので、「Vapor X」単体でフィットネスログの正確な取得と、フィットネス中の楽曲再生が可能です。

ケースカラーは “Black(ブラック)” “Rose Tone(ローズトーン)” “Stainless(ステンレス)” “Champagne(シャンパン)” “Gunmetal(ガンメタル)” の計 5 色。

本体公式価格は $279.99。米国以外への投入は今のところ不明。日本でも是非発売して欲しいですね。

Black
Rose Tone
Stainless
Champagne
Gunmetal

主要スペック

OS
Wear OS
サイズ
ケース 42mm、バンド幅:20mm
プロセッサ
Snapdragon Wear 3100
RAM
512MB
内部ストレージ
4GB
Wi-Fi
802.11 b / g / n
Bluetooth
4.2 LE
バッテリー
300 / 330 mAh
その他
3 気圧防水(生活防水)、心拍センサー、GPS、NFC(Google Pay)、スピーカー

Source:Misfit

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください