リーバイスJacquard「Trucker Jacket」ZOZOTOWNで発売

    この記事のポイント!
  • Levi’s(リーバイス)「Jacquard by Google」スマートデニムジャケット「Trucker Jacket」が ZOZOTOWN で発売
  • 税込み 27,500 円 + 送料 210 円
  • “ツケ払い” 対応

Levi’s(リーバイス)が 2019 年 10 月 4 日より発表した、Google との共同開発「Project Jacquard」で生まれたスマートデニムジャケット「Commuter Jaket」の第 2 弾となる「Trucker Jacket」が、数日遅れて ZOZOTOWN でも発売されました。

「Trucker Jacket」は WEB 先行で 10 月 4 日より、店頭販売は 10 月 5 日より販売されていて ZOZOTOWN での取り扱いも発表されていました。

「Trucker Jacket」の ZOZOTOWN 価格はリーバイス公式と同じく税込み 27,500 円ですが、別途送料税込み 210 円が掛かります。ただし ZOZOTOWN ということで、2 ヶ月ご支払いとなる “ツケ払い” が可能です。

今はお金がないけど「Trucker Jacket」が欲しいという方は、ZOZOTOWN で “ツケ払い” を利用して購入することもできます。

「Trucker Jacket」

「Trucker Jacket」は、リーバイス定番のトラッカージェケットデザインでありながら、左袖のマイクロファイバーテキスタイルと、左袖ポケット部分に装着する専用 Bluetooth タグ “ジャカードタグ” を搭載した、スマートフォンとペアリングする、「Jacquard by Google」スマートデニムジャケットです。

左袖部分を右手でスワイプしたりタッチするなどを操作をすることで、「Google アシスタント」の起動や音楽アプリ再生、カメラシャッターなど、様々な操作を行なうことができます。

ちなみに “ジャカードタグ” は充電必須ですが、最長 2 週間バッテリーが持続します。

日本初となる「Jacquard by Google」の「Trucker Jacket」は、一応世界では第 2 弾となるわけですが、初代「Commuter Jaket」は左袖に導電性の繊維を練り込む仕様だった仕様が、今回の第 2 弾では Bluetooth タグ “ジャカードタグ” 搭載仕様に変更されています。

この仕様ため、“ジャカードタグ” を外せば通常通り選択することができるほか、コスト自体の大幅ダウンも実現しています。

「Jacquard by Google」が対応するスマートフォンは、Android 6.0.1 以降か iOS 10 以降です。

アプリリンク

Android
Jacquard™ by Google
iOS

ZOZOTOWN 商品ページリンク

リーバイス「Trucker Jacket」
GOOGLE JACQUARD(TM) トラッカージャケット

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください