OPPO、「Reno A」64GBモデルを10月18日に発売

    この記事のポイント!
  • 「OPPO Reno A」64GB 内部ストレージモデル発表
  • 10 月 18 日に発売
  • 35,800 円(税抜き)

OPPO Japan は 2019 年 10 月 8 日、「楽天モバイル」を通して 10 月 1 日に発売されたおサイフケータイ対応スマートフォン第 2 段「Reno A 128GB」に対する SIM フリーモデルとなる 64GB  内部ストレージ搭載モデルを、10 月 18 日より発売すると発表しました。

※「Reno A 128GB」も SIM フリーです

今回新たに発表された「Reno A」は、「Reno A 128GB」から内部ストレージが 64GB に抑えられている以外、主要スペックはまったく同じです。

価格は 35,800 円(税抜き)で、“ブラック” と “ブルー” の 2 色展開となっています。同日より、Amazon などで予約も開始されています。

ちなみに事前予告されていた重大発表ですが、“Reno” にちなんでタレントの指原莉乃さんを CM キャラクターに起用したことと、2019 年内にさらになる「Reno(Reno2?)」や「おサイフケータイ」対応スマートフォン、10 倍ズーム対応スマートフォンなどの投入を約束する内容でした。

https://twitter.com/OPPOJapan/status/1181443811890741249

「OPPO Reno A」

「OPPO Reno A」は「R15 Pro」以来のおサイフケータイ対応スマートフォンです。

主要スペクは 6.4 インチ(2,340 × 1,080)フル HD+ ディスプレイ、Snapdragon 710 プロセッサ、6GB RAM、64 / 128GB 内部ストレージ、1,600 万画素 + 200 万画素リアデュアル AI カメラ、2,500 万画素フロント AI カメラ、3,600mAh バッテリー搭載。ミドルハイ仕様です。

ディスプレイには指紋センサー内蔵で、指紋センサーは従来品と比べて 28.5% も認証スピードが向上。しずく型ノッチ & 狭額縁仕様で、画面占有率は 91% を誇ります。

OS は Android 9.0 ベースの ColorOS 6 搭載。デュアル SIM スロット(micro SD カードスロット排他仕様)仕様です。

Felica 搭載で「おサイフケータイ」サポート。更に IP67 規格の防水防塵と、Google の AR プロジェクト「ARCore」改め「Play 開発者サービス(AR)」もサポートしています。

スペックも申し分なく、ディスプレイ内蔵指紋センサーや防水、そしておサイフケータイサポートと、十分メイン機種になり得る優秀機種と言えるかと思います。

カラーバリエーションは “ブルー” と “ブラック” の 2 色展開で、共にグラデーション仕様の美しいデザインです。

ブルー
ブラック

主要スペック

OS
ColorOS 6(Android 9 ベース)
サイズ
158.4 × 75.4 × 7.8 mm
重量
169.5g
ディスプレイ
6.4 インチ(2,340 × 1,080)フル HD+
プロセッサ
Snapdragon 710
RAM
6GB
内部ストレージ
64 / 128 GB(楽天モバイル限定)、micro SD スロット搭載
リアカメラ
1,600 万画素 + 200 万画素
フロントカメラ
2,500 万画素
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth
5.0
バッテリー
3,600mAh
その他
USB Type-C、デュアル SIM、ディスプレイ内蔵指紋センサー、Felica(おサフケータイ)、IP67 防水防塵、Play 開発者サービス(AR)
カラー
ブルー、ブラック
モバイルネットワーク
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G:WCDMA B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 26 / 28
    • TD-LTE B38 / 39 / 40 / 41

Amazon 商品ページリンク

「OPPO Reno A」“ブルー”
OPPO Reno A ブルー 【日本正規代理店品】
「OPPO Reno A」“ブラック”
OPPO Reno A ブラック 【日本正規代理店品】

Source:OPPO

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください