「Google Home」デバイス間の再生移動が可能に

    この記事のポイント!
  • 「Google Home」デバイス間の再生移動が可能に
  • 再生中の音楽、動画、ポッドキャストをほかのデバイスで転送再生可能
  • 「Spotify」なども対応

Google は 2019 年 10 月 8 日、「Google Home」系スマートスピーカー、「Google Nest Hub」系スマートディスプレイ、「Chromecast」の新機能を発表しました。

今回発表された新機能は、現在「Google Home」などで再生している音楽や「Nest Hub」で再生している「YouTube」動画を、同じネットワーク内にあるほかのホームデバイスに転送して続きから再生する、「ストリーム転送」機能です。

「ストリーム転送」を利用する方法は、「Google アシスタント」に “OK Google 音楽を B のスピーカーに移動して” や “OK Googe 音楽をホームグループデバイスで再生して” などの音声コマンドで指示するほか、「Google Home」アプリや Android のキャスト機能から手動で再生するデバイスを選択して行います。

また「ストリーム」転送は、「YouTube」「YouTube Music」「ポッドキャスト」のほか、「Sporify」なども対応。本日(2019 年 10 月 8 日)から利用できるようになります。

一応当ブログで確認してみましたが、この記事を書いている時点(2019 年 10 月 9 日 5 時 30 分頃)ではまだ「ストリーム転送」を利用することができませんでした。「Google Home」アプリのアップデートなどが行われてから利用できるようになるのかもしれません。

Source:Google

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください