「Google マップ」アプリのナビゲーション画面を北向きに固定する設定

    この記事のポイント!
  • Android と iOS 版「Google マップ」アプリでナビゲーション時に地図を北向きに固定にする設定をご紹介
  • 地図の北向き固定に慣れている方向けの設定

今回の記事では、Google 地図サービス「Google マップ」の Android と iOS 版アプリで、ナビゲーション利用時の地図表示を北向きに固定する設定をご紹介します。

目次
  1. How to

Android と iOS 版「Google マップ」アプリでは、ナビゲーション利用時の地図表示を、北向きに固定する設定が実装されています。

デフォルトではユーザーが向いている方を前として表示する設定となっていますが、北向き固定の方が見やすい方は、北向きに固定がオススメです。

How to

「Google マップ」アプリでナビゲーション利用時の地図表示を北向きに固定する設定は以下の通り。

①メニューアイコンをタッチ
「Google マップ」アプリ左上のハンバーガーメニューアイコン[≡]をタッチします
②[設定]をタッチ
表示されるメニューから[設定]をタッチします

③[ナビの設定]をタッチ
設定ページの中の[ナビの設定]をタッチします
④[地図を北向きに固定]のスイッチを ON
[地図を北向きに固定]のスイッチを ON にします

「Google マップ」アプリでナビゲーション利用時の地図表示を北向きに固定する設定は、北向き固定に慣れていない方が設定してしまうと逆に使いにくくなるのでご注意ください。

アプリリンク

Android
iOS

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.