iOS「Google マップ」からハンバーガーメニューがなくなる

    この記事のポイント!
  • iOS 版「Google マップ」アプリがアップデート
  • 大幅に UI 刷新、[≡(ハンバーガーメニュー)]がなくなる
  • アプリバージョン v5.35

Google 地図サービス「Google マップ」の iOS 版アプリが 2020 年 1 月 14 日に v5.35 へとアップデートされました。

今回の iOS 版「Google マップ」アプリアップデートでは特に新機能の追加などは行われていないのですが、これまでから大幅に UI が刷新されました。

主な UI の変更点は、ボトムバーと[設定]の表示方法です。まずボトムバーはこれまでの[スポット][通勤][おすすめ]の 3 つボタンアイコンから、[スポット][通勤][保存済み][投稿][最新]の 5 つに増加 & 変更されました。

これまでから[スポット]と[通勤]は内容の変更はありません。[保存済み][投稿][最新]も、それぞれこれまでメニューバーに格納されていた各項目と内容は同じです。

[保存済み]はユーザーが保存したスポット、[投稿]はローカルビジネスなどでユーザーが投稿した内容ページ、[最新]は[おすすめ]と[メッセージ]が格納されています。

そしてさらに大きく変更された点は、これまで左上の[≡(ハンバーガーメニュー)]から表示していたメニューバーがなくなった点です。つまり今回の UI 刷新では、これまでメニューバーに格納されていた各メニューが、アンダーバーなどに振り分けられた仕様となっています。

そのため、これまでメニューバーに格納されていた[設定]の表示方法も、大幅に変更されています。[設定]は、右上のアカウントアイコンをタッチして表示されるメニューから表示します。

このほかにもおそらくいろいろと変更されているはずです。大幅に変更されすぎてて、若干戸惑うかも。

アプリリンク

iOS

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください