ビックカメラ、「Nest Hub」を改めて値下げ

    この記事のポイント!
  • ビックカメラが「Google Nest Hub」を改めて値下げ
  • 税込み 15,400 円 → 税込み 12,200 円(税抜き)
  • 1% ポイント還元付き

国内大手家電量販店ビックカメラが、2019 年 6 月 12 日に国内発売された Google スマートディスプレイ「Nest Hub」を、改めて値下げして販売開始しました。

「Nest Hub」の公式価格は税込み 15,400 円。ビックカメラでは現在 2,200 円引きの 13,200 円となっています。更に 1% のポイント(132pt)還元付き。

この価格は、ビックカメラが 2019 年大晦日まで設定していた特価と同額です。

また元値に戻る前に是非!

「Google Nest Hub」

「Google Nest Hub」は 7 インチディスプレイを搭載する「Nest Hub」シリーズの新型スマートホームデバイスです。

ディスプレイを搭載した「Google Home」と言えば Google が定める Google スマートディスプレイ規格がありますが、「Nest Hub」はそれとは異なりカメラ非搭載となる点が特徴。

その理由は「Nest Hub」がベッドルームなどのプライベート空間にて主に利用される点が想定されているためです。

「Nest Hub」は「Google Home」のスマートホーム機能にディスプレイによる視覚機能を付け加え、さらにディスプレイタッチ操作にてスマートホームを操作することが可能。

例えば「Google アシスタント」のルーティーン機能を利用してアシスタント機能を一括で動作させたり、天気などの情報を音声とディスプレイ表示で確認することがけでなく、画面上部から下にスワイプすることによりコントロールパネルが表示され、そこからネットワークカメラやスマートロック、スマートベルなどのスマートホームデバイスを操作することもできます。

ネットワークカメラやスマートベルは、それらかのレスポンスを受信して表示することなどももちろん可能です。

また対応しているスマートホームデバイスは NEST ブランド製品に加え、August Smart Lock などのサードパティー製品も含まれています。その名の通り、スマートホームデバイスのハブとなる製品ということです。

このほか YouTube の動画再生はもちろんのこと、「Google マップ」や「Google カレンダー」の表示などもサポートします。「Google フォト」に保存されているアルバムを表示させるデジタルフォトフレームとしても利用可能。

更に現在はスマートフォン画面のスクリーンキャストにも対応しています。

「Google Home Hub」は “Chalk” “Charcoal” “Aqua” “Sand” の 4 色展開で、国内価格は税込み 15,400 円。

Google Nest Hub
Chalk
Google Nest Hub
Charcoal
Google Nest Hub
Aqua
Google Nest Hub
Sand

ビックカメラ 商品ページリンク商品ページリンク

「Google Nest Hub」“Chalk”
Google Nest Hub スマートホームディスプレイ GA00516-JP チョーク [Bluetooth対応 /Wi-Fi対応]
「Google Nest Hub」“Charcoal”
Google Nest Hub スマートホームディスプレイ GA00515-JP チャコール [Bluetooth対応 /Wi-Fi対応]
「Google Nest Hub」“Aqua”
Google Nest Hub スマートホームディスプレイ GA00578-JP アクア [Bluetooth対応 /Wi-Fi対応]
「Google Nest Hub」“Sand”
Google Nest Hub スマートホームディスプレイ GA00517-JP サンド [Bluetooth対応 /Wi-Fi対応]

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.