「TORQUE G04」は京セラ初「Google Play開発者サービス(AR)」をサポート

  • 「TORQUE G04」は京セラ初「Google Play開発者サービス(AR)」をサポート
  • 国内メーカーでは数少ない「Google Play開発者サービス(AR)」サポート機種

「Project Tango」からリニューアルされた Google の AR プロジェクト「ARcore」。

「ARcore」はその後、「Google Play 開発者サービス(AR)」に改名されました。

現在「Google Play 開発者サービス(AR)」をサポートしているデバイスは、「Pixel 4」「Pixel 4 XL」をはじめとした Google Pixel スマートフォンや、ASUS、LG、Motorola、OnePlus、OPPO、Samsung、Sony Mobile、Xiaomi のミドルスペック以上の Android スマートフォンを中心としてラインアップされています。

しかし日本国内メーカーデバイスは、「Google Play 開発者サービス(AR)」をあまりサポートしていません。以前、シャープ製「AQUOS R3」が、同メーカー初の「Google Play 開発者サービス(AR)」サポートデバイスとして多少話題となりました。

「Project Tango」からリニューアルされた Google の新しい AR プロジェクト「ARcore」の Android アプ...
「AQUOS R3」はシャープ初ARCoreサポート - Jetstream BLOG

そして今回、題名の通り、KDDI から販売されている京セラ製タフネススマートフォン「TORQUE G04」が、同メーカー初の「Google Play 開発者サービス(AR)」となったことが判明しました。

「TORQUE G04」が「Google Play 開発者サービス(AR)」をサポートしているということで、「Google マップ」の AR 徒歩ナビ機能「ライブビュー」も利用することができます。このほか「Google Play 開発者サービス(AR)」を利用する AR メジャーアプリ「Measure」なども利用可能。

「Google Play 開発者サービス(AR)」のサポート有無は、意外と重要なポイントですよね。「TORQUE G04」は是非、「ライブビュー」などを利用してみてください。

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください