「TORQUE G04」は京セラ初「Google Play開発者サービス(AR)」をサポート

    この記事のポイント!
  • 「TORQUE G04」は京セラ初「Google Play開発者サービス(AR)」をサポート
  • 国内メーカーでは数少ない「Google Play開発者サービス(AR)」サポート機種

「Project Tango」からリニューアルされた Google の AR プロジェクト「ARcore」。

「ARcore」はその後、「Google Play 開発者サービス(AR)」に改名されました。

現在「Google Play 開発者サービス(AR)」をサポートしているデバイスは、「Pixel 4」「Pixel 4 XL」をはじめとした Google Pixel スマートフォンや、ASUS、LG、Motorola、OnePlus、OPPO、Samsung、Sony Mobile、Xiaomi のミドルスペック以上の Android スマートフォンを中心としてラインアップされています。

しかし日本国内メーカーデバイスは、「Google Play 開発者サービス(AR)」をあまりサポートしていません。以前、シャープ製「AQUOS R3」が、同メーカー初の「Google Play 開発者サービス(AR)」サポートデバイスとして多少話題となりました。

そして今回、題名の通り、KDDI から販売されている京セラ製タフネススマートフォン「TORQUE G04」が、同メーカー初の「Google Play 開発者サービス(AR)」となったことが判明しました。

「TORQUE G04」が「Google Play 開発者サービス(AR)」をサポートしているということで、「Google マップ」の AR 徒歩ナビ機能「ライブビュー」も利用することができます。このほか「Google Play 開発者サービス(AR)」を利用する AR メジャーアプリ「Measure」なども利用可能。

「Google Play 開発者サービス(AR)」のサポート有無は、意外と重要なポイントですよね。「TORQUE G04」は是非、「ライブビュー」などを利用してみてください。

Source:Google

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください