「Fossil Sport」にようやくWear OSシステムバージョン“H”が配信

  • 「Fossil Sport」にようやく Wear OS システムバージョン “H” が配信
  • おそらく 2020 年に入ってから
  • アップデート後はシステムバージョン “H MR1” に

2018 年末に国内外で発売された Fossil のスポティー Wear OS ウォッチ「Fossil Sport」に対し、2018 年末に Google より発表された Android 9 Pie ベースのシステムバージョン “H” が、2020 年になりようやく配信開始されました。

Wear OS システムバージョン “H” は、新しいバッテリーセーバーモード、ディープスリープモード、Smart App Resume、2 ステップ電源 OFF オプションの 4 つの新機能を搭載する最新システムバージョンです。

Google は 2018 年 11 月 15 日、ウェアラブル Wear OS のコミュニティー内で、新しいシステムバージョ...
Google、Wear OSの新しいシステムバージョン“H”を発表 - Jetstream BLOG
2019 年 3 月中旬辺りから配信が開始された、Wear OS の新しいシステムバージョン “H” が、手持ちの「Ti...
Wear OSシステムバージョン“H”はAndroid 9.0 Pieベース【レポート】 - Jetstream BLOG

「Fossil Sport」は Wear OS システムバージョン “H” の発表後に発売されたものの、2019 年中も配信が行われず、しばらくシステムバージョン “8.1” で止まったままとなっていました。それが 2020 年に入り、ようやくのアップデート。待ちに待った待望のアップデートです。

「Fossil Sport」に対する Wear OS システムバージョン “H” は、「Over the Air(OTA)」によるシステムアップデートにて配信されます。またアップデート後のシステムバージョンは単なる “H” ではなく、“H MR1” となります。

またアップデート後のビルド番号は「PXDE.191024.009A1」に更新されます。

まだアップデートが来ていないユーザーは、[設定]→[システム]→[デバイス情報]→[システムアップデート]と進んで確認してみてください。

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください