JCB、NFCタグを活用した「Google Pay」実証実験を開始

    この記事のポイント!
  • JCB、NFC タグを活用した「Google Pay」実証実験を開始
  • NFC タグをスマートフォンでタッチ → 加盟店情報読み取り & 決済ページに誘導 →「Google Pay(もしくは Apple Pay)」で支払い
  • JCB 社内売店で実験

国内クレジットカード会社の JCB は 2020 年 3 月 24 日、NFC タグを活用した「Google Pay」もしくは「Apple Pay」決済の実証実験を、JCB 社内売店にて開始したと発表しました。

この実証実験は、「Google Pay」もしくは「Apple Pay」対応の NFC 搭載スマートフォンにて売店内に設置された NFC タグを読み取ることで、加盟店情報を読み取りつつ決済ページに誘導し、そのまま「Google Pay」もしくは「Apple Pay」にて決済ができるというもの。

日本で普及し始めている「PayPay」などの QR コード決済では、アプリを起動してから決済バーコード表示するか店舗に置かれた加盟店用 QR コードを読み取って決済金額を入力する手間が発生しますが、今回の JCB の NFC タグ決済の場合はアプリを立ち上げることなくモバイル決済に誘導される流れとなるため、手間が減ります。

もちろん NFC タグを設置する加盟店の設備費用なども抑えることが可能。現行の QR コード決済のような流れで、より素早く簡単に決済を行うことができる点が、双方の利点となっています。

この実証実験で良い結果が得られた場合、QR コード決済に代わるスマートなモバイル決済として、NFC タグ決済が普及するかもしれないですね。楽しみです。

Source:JCB

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

Jetstream BLOG をフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.