AppleとGoogle、コロナの濃厚接触を検出する技術を共同開発

  • Apple と Google が「コロナウィルス(COVID-19)」対策で協力関係に
  • 濃厚接触の可能性を検出する技術を共同開発
  • 専用アプリのリリースや OS ベースで実装へ

Apple と Google は 2020 年 4 月 10 日、現在世界の課題となっている「コロナウィルス(COVID-19)」のパンデミックを抑えるために、Bluetooth を利用した濃厚接触の可能性を検出する技術の共同開発を発表しました。

現在、政府機関と保健当局などが「コロナウィルス(COVID-19)」から人々を保護するためや社会生活維持のために、助け合いの精神を元で協力しています。その助け合いの精神を、今回 Apple と Google でも共有する模様です。

この共同開発される技術は、新たな「コロナウィルス(COVID-19)」感染者が持つ iOS もしくは Android 端末に蓄積された過去 14 日間の位置情報を感染者の同意の元でクラウドに送信し、感染者と濃厚接触した可能性があるユーザーに通知が届く、という仕組みとなります。

Apple と Google はまずこの技術を相互運用可能な APIとして開発し、公衆衛生当局が提供する iOS と Android 端末向けのアプリとして、ユーザーがインストールできるようにします。このアプリは、App Store と Google Play ストアからそれぞれ、5 月中にダウンロード可能となる予定です。

さらに今後数か月をかけて、同 API を iOS と Android のそれぞれの OS に組み込み、OS ベースで濃厚接触の可能性を検出する技術を運用できるようにします。

ここで重要なのは、この技術の透明性を確保し、さらにユーザーのプライバシーを強力に保護することを前提としている点です。

Apple と Google が共同で開発する「コロナウィルス(COVID-19)」の濃厚接触の可能性を検出する技術は、特定の個人の行動を監視する技術ではありません。あくまでも、「コロナウィルス(COVID-19)」のさらなる拡大を抑えるために、濃厚接触の可能性をいち早く検出し、政府機関や保健当局が素早く対策できるようにするための技術です。

こういった技術を、Apple や Google のほか政府によっても悪用されるなど、無駄に懸念する声が聞こえてきそうですが、変に勘繰ることなく助け合いの精神を元、みんなで団結することが大事かと、当ブログでは考えます。

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください