Article headline Speakable markup example

ケンタッキーでQRコード決済を利用可能に、「LINE Pay」など13種類

  • 日本ケンタッキー・フライド・チキンが QR コード決済を導入
  • 「LINE Pay」「メルペイ」「au PAY」「PayPay」「楽天ペイ」「ゆうちょ Pay」「d 払い」「Smart Code」「Alipay」「WeChat Pay」「atone」「pring」「K PLUS」
  • 2020 年 4 月 16 日より

日本ケンタッキー・フライド・チキンは 2020 年 4 月 16 日、全国のケンタッキー・フライド・チキン店舗における QR コード決済導入を発表しました。

4 月 16 日同日より、一部の店舗を除いたケンタッキー・フライド・チキン店舗において、「LINE Pay」「メルペイ」「au PAY」「PayPay」「楽天ペイ」「ゆうちょ Pay」「d 払い」「Smart Code」「Alipay」「WeChat Pay」「atone」「pring」「K PLUS」の、計 13 種類の QR コード決済を一斉に利用することができるようになっています。

ケンタッキーではクレジットカードや「楽天 Edy」や「iD」といったキャッシュレス決済を利用することができていたのですが、今回大幅な決済方法拡充となります。

ちなみに、ファーストフード大手の日本マクドナルドでは、まだ QR コード決済は解禁されておらず、クレジットカードが各種電子マネーのほか、「楽天スーパーポイント」か「d ポイント」を利用する決済に対応しています。つまり今回は、ケンタッキーがマクドナルドを差し置いたということです。

Source:日本ケンタッキー・フライド・チキン

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

Jetstream BLOG をフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。