Google アシスタント対応「SwitchBotカーテン」クラウドファンディング開始

  • 「Google アシスタント」対応カーテンスマート化「SwitchBot カーテン」
  • 「Makuake」にて国内クラウドファンディング開始
  • 2020 年 7 月末お届け予定

IoT ブランド SwitchBot は 2020 年 3 月 25 日に発表した、カーテンスマート化 IoT「SwitchBot カーテン」のクラウドファンディングを、4 月 17 日 14 時よりサイバーエージェントが運営する国内クラウドファンディングサイト「Makuake」にて開始しました。

「Google アシスタント」対応カーテンスマート化「SwitchBot カーテン」 2020 年 4 月 17 日 14 時か...
Google アシスタント対応「SwitchBotカーテン」4月17日より国内クラウドファンディ... - Jetstream BLOG

「SwitchBot カーテン」のクラウドファンディングは最大 35% 引きとして案内されていましたが、オプションなどがセットになったモデルが最大の 35% 引きで、「SwitchBot カーテン」単体は 23% 引きからとなっています。

またお届け予定は 7 月末となる模様。少し気長に待つ必要があります。

このほか「SwitchBot カーテン」にはカーテンレールの形状に応じて、ごく一般的な形状の「U 型」、I 型レール用「I 型」、カーテンポール用の「ポールタイプ」の 3 つがあり、いずれかを選択する必要があります。ご注意ください。

「SwitchBot カーテン」

「SwitchBot カーテン」は、既存のカーテンレールに装着するだけで、専用アプリ「SwitchBot」や、「Google アシスタント」もしくは「Amazon Alexa」から声にて、カーテンを自動開閉することができる IoT 機器です。

また光センサー搭載で、一定の光量を超えた場合の自動起動や、タイマーによる自動起動設定も可能。カーテンレールも一般的なものからポール型のものまで、99% のカーテンレールをサポートしています。

本体には一回の充電で最大 8 か月連続使用が可能なバッテリーを搭載。さらにソーラーパネルオプションも用意されています。

「SwitchBot カーテン」にはカーテンレールの形状に応じて、ごく一般的な形状の「U 型」、I 型レール用「I 型」、カーテンポール用の「ポールタイプ」の 3 つがあり、いずれかを選択する必要があります。ご注意ください。

Makuake クラウドファンディングページリンク

「SwitchBot カーテン」
Makuake|太陽の光で朝スッキリ!ワンタッチで自動化&楽々操作「SwitchBotカーテン」|Makuake(マクアケ)

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください