Pixel Watch?Google製ウェアラブルがBluetooth認証取得

「Pixel Watch」かもしれない Google 製ウェアラブル 3 型番が Bluetooth 認証取得。型番「GWT9R」「GBZ4S」「GQF4C」。ソフトウェアバージョン「RWD5.211104.001」、Bluetooth バージョン v5.2。

7,980円特価!イオシスの未使用「Pixel Buds A-Series」

イオシスで「Pixel Buds A-Series」が特価。本体価格税込み 11,900 円 → 税込み 7,980 円(+ 送料)。“Clearly White” と “Dark Olive” の 2 色共にラインアップ。

特価!イオシスの未使用「Pixel Stand(第2世代)」

イオシスで「Pixel Stand(第 2 世代)」が特価。本体価格税込み 9,570 円 → 税込み 6,980 円(+ 送料)。台数超少なめ(早いもの勝ち)。

コストコECでスマートドアベル「Nest Doorbell(Battery Type)」期間限定特価!

メンバーシップ制ウェアハウスクラブ「コストコ」の公式 EC サイト「コストコのオンライン」で「「Nest Doorbell(Battery Type)」が特価。元値税込み 19,800 円からさらに 1,000 円引きの税込み 18,800 円。2021 年 12 月 29 日(水)までの期間限定。

10%pt還元!ビックカメラ、「Pixel Stand(第2世代)」発売

ビックカメラで Made by Google 製 Qi ワイヤレス充電機「Pixel Stand(第 2 世代)」発売。Google Pixel スマートフォンは最大 23W 高速充電に対応(Google 30W USB-C 充電器併用時)& さらに冷却ファン搭載で熱暴走抑制。本体価格税込み 9,570 円でさらに 10% ポイント(957pt)還元。

「Pixel Stand(第2世代)」ついに発売

Made by Google 製 Qi ワイヤレス充電機「Pixel Stand(第 2 世代)」が 2021 年 12 月 13 日についに国内外で発売。Google Pixel スマートフォンは最大 23W 高速充電に対応(Google 30W USB-C 充電器併用時)& さらに冷却ファン搭載で熱暴走抑制。今のところ Google ストアから購入可能。

「Pixel Stand(第2世代)」国内Googleストアで予約開始

Made by Google 製 Qi ワイヤレス充電機「Pixel Stand(第 2 世代)」が、ついに国内 Google ストアで予約開始。Google Pixel スマートフォンは最大 23W 高速充電に対応(そのほかワイヤレス充電対応製品でも利用可能)。さらに冷却ファン搭載で熱暴走抑制。

「Pixel 6/6 Pro」指紋認証精度悪い?セキュリティ強化のため

「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」の指紋精度が悪いというユーザーに対し Google が SNS(Twitter)で回答。「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」は強化されたセキュリティアルゴリズムを採用しているため指紋認証に時間が掛かる場合がある。より的確な認証が求められる仕様。

コストコECでスマートドアベル「Nest Doorbell(Battery Type)」期間限定特価!

メンバーシップ制ウェアハウスクラブ「コストコ」の公式 EC サイト「コストコのオンライン」で「「Nest Doorbell(Battery Type)」が特価。元値税込み 19,800 円からさらに 1,000 円引きの税込み 18,800 円。2021 年 11 月 7 日(日)までの期間限定。

冷却ファン搭載!「Pixel Stand(第2世代)」登場

Made by Google 製 Qi ワイヤレス充電機「Pixel Stand(第 2 世代)」登場。Google Pixel スマートフォンは最大 23W 高速充電に対応。さらに冷却ファン搭載で熱暴走抑制。

リユーズリデュースリサイクル【akutaji Vol.91】

Google は 2020 年 10 月 26 日、同社製品(Made by Google)に関する持続可能性の目標を発表しました。 その内容は、2025 年までに製品素材の 50% をリサイクル素材を用いるか、もしくは … 続きを読む リユーズリデュースリサイクル【akutaji Vol.91】

Google、製品パッケージにて2025年までにプラスチック未使用にすることを約束

Google、Made by Google 製品に関する持続可能性の追加目標を発表。2025 年までに製品素材の 50% をリサイクル素材に。2025 年までに 100% プラスチックを使用しない製品パッケージを採用。