「Google マップ」駅の混雑状況を表示する機能などを提供へ

  • 「Google マップ」アプリに駅の混雑状況を表示する機能を提供へ
  • Android と iOS 版「Google マップ」アプリ向け
  • インドネシア、イスラエル、フィリピン、韓国、米国ではコロナ検査状況も表示へ

Google は 2020 年 6 月 8 日、地図サービス「Google マップ」の Android と iOS 版アプリに提供する複数の新機能を発表しました。

「Google マップ」アプリに提供される新機能は、主に公共の交通機関を利用する場合に、「コロナウィルス(COVID-19)」の影響によるアラートや、「コロナウィルス(COVID-19)」への飛沫感染防御策に役立つ新機能です。

まず、アルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、コロンビア、フランス、インド、メキシコ、オランダ、スペイン、タイ、イギリス、米国において、公共交通機関を利用する経路検索を行った場合に遅延や入場制限などの、政府と公共交通機関が実施している施策のアラートが表示されるようになります。

またカナダ、メキシコ、米国では、国境を越えた場合でも「コロナウィルス(COVID-19)」による交通制限などを知らせてくれる運転警報アラート機能も提供されます。

さらにインドネシア、イスラエル、フィリピン、韓国、米国では、医療施設や「コロナウィルス(COVID-19)」検査場を検索した際に、その施設の資格や利用するためのガイドラインなどもアラートとして表示されるようになります。

 

「Google マップ」では 2019 年 6 月より、公共の交通機関を利用する経路検索を行った場合に、過去の混雑状況を元にして、運行しているバス、電車、地下鉄が混む可能性があるかどうかを事前に確認することができる混雑予想機能が提供開始されました。

このほか、女性専用車両表示や比較的すいている車両を見つけることができる機能なども、順次提供されています。

Google は 2019 年 6 月 27 日、同社の地図サービス「Google マップ」のスマートフォン(Android / iOS...
「Google マップ」にバスの遅延状況と交通機関の混雑予想機能が追加へ - Jetstream BLOG

そしてこの経路検索時の混雑予想機能を応用した新機能として、「Google マップ」上で電車の駅の詳細情報を表示した際に、現在の混雑状況や時間軸で区切った混雑状況グラフ表示される機能も、今後数週間以内に提供開始されます。

 

「Google マップ」アプリに提供されるこれらの新機能は、地域などに応じて順次提供されます。日本で提供される新機能については、おそらく Google Japan の公式ブログで紹介されるでしょう。

アプリリンク

Android
iOS

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください