新型Wear OS「OPPO Watch」8月下旬国内発売

  • OPPO Japan、新型 Wear OS ウォッチ「OPPO Watch」正式発表
  • 2020 年 8 月下旬国内発売
  • 税込み 25,800 円

中国メーカー OPPO の日本法人 OPPO Japan は 2020 年 7 月 21 日、新型 Wear OS ウォッチ「OPPO Watch」を、8 月下旬より国内発売すると正式発表しました。

「OPPO Watch」の国内価格は税込み 25,800 円で、8 月 7 日より国内 Amazon.co.jp やビックカメラなどで予約が開始される予定です。

「OPPO Watch」

OPPO 製「OPPO Watch」は、最近では珍しいスクエア形状の Wear OS ウォッチです。

ケースサイズは 41mm で、1.6 インチ(320 × 360)有機 EL ディスプレイを搭載。このほか主要スペックは、Snapdragon Wear 3100 プロセッサ、1GB RAM、8GB 内部ストレージを搭載。

さらに「OPPO Watch」は、超低消費電力を実現する電子制御マイクロコントローラ(MCU)「Ambiq Micro Apollo 3」も搭載。「Ambiq Micro Apollo 3」は、最長 14 日間の連続利用を実現する「省エネモード」利用時に切り替わる仕様です。

バッテリー容量は未公開ですが、OPPO 独自の急速充電技術「VOOC」対応で、75 分でも満充電が可能です。

「OPPO Watch」は Wear OS ということで Google 健康管理サービス「Google Fit」を搭載し、日々の活動ログを自動収集して集計もしてくれます。さらに「OPPO Watch」独自のフィットネス機能では、ランニング時の音声アシストや、プログラムから選ぶだけで 5 分間の運動をアシストしてくれる 5 分間フィットネス機能実装。さらに睡眠ログの取得もサポートします。

このほかビルトイン GPS、心拍センサーも搭載。3 気圧防水もサポートします。リストバンドはフッ素ゴム製で、交換も可能です。

カラーバリエーションは “ホワイト” “ブラック” “ピンク” の 3 色展開で、本体価格は税込み 25,800 円と、ハイスペック & 高機能な割にかなり安価な価格設定となっています。

主要スペック

OS
Wear OS
サイズ
41.45 × 36.37 × 11.4 mm
重量
30.1g
ディスプレイ
1.6 インチ(320 × 360)有機 EL
プロセッサ
Snapdragon Wear 3100、Ambiq Micro Apollo 3
RAM
1GB
内部ストレージ
8GB
Wi-Fi
802.11 b / g / n
Bluetooth
4.2
バッテリー
-mAh
その他
GPS、3 気圧防水、心拍センサー
カラー
ホワイト、ブラック、ピンク

Source:OPPO Japan

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください